2017年12月17日日曜日

オバオタがあえて触れなかったオバチャーンの新曲オバ・ザ・スカイ

11月に公開されたオバチャーンの新曲「オバ・ザ・スカイ」。

カントリーの軽快な曲調に合わせてオバチャーンが語り掛けてくる、極めてポジティブな曲だ。
「元気が出る」と言われるオバチャーンの真骨頂とも言える。

そのPVをこれから分析していきたい。

物語は浜辺を歩く一人の女性から始まる。
彼女が浮かない顔をしてゆっくり歩みを進めるその後ろから、舟井が語り続けていた。
「ホラ!そこのあんた!ちょっと元気ないんちゃうか?」
しかし次のシーンでは舟井の姿が見えない。
女性の様子から「舟井が実際にはそこにいない」ということがわかる。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント①》オバチャーンが人間には姿の見えない妖精

女性がウォークマンをつけて音楽を聴き始めると、ガラリと世界が変わった。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント②》平成も終わるこの時代にカセットテープ


オープンカーの中でオバチャーンに囲まれてていたのだ。
女性は何の疑問を抱いている様子もなく、オバチャーンとに囲まれて踊る。
これは、彼女が聞いている音楽の世界観なのか。
それとも「実在しない」オバチャーンたちの夢の世界なのだろうか?

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント③》突如夢の世界へ旅立つ

オバチャーンは女性をもてなし、舟井は女性に飴を渡す。とても楽しそうだ。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント④》顔が怖い

2番になると現れたのはやさぐれた警官。
パトカーで煙草を吸いながら、不機嫌な顔をしている。
宇口が背後から語り掛けているが、全く意に介さない。
舟井と同じく宇口は実在しないらしい。
それどころか宇口がいるはずの場には拳銃が置かれていた。
やさぐれ警官はその拳銃を手に取り、眺めながらほくそ笑む。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑤》クレイジーポリスが出てくる
《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑥》そのシーンがサムネイル

シーンは変わり、気持ちよく走り抜ける車withオバチャーン&女性に。
途中で踊るひょっとことすれ違う。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑦》ひょっとこの存在が哲学すぎる

大事そうにビリケンを小脇に抱えている宇口。
女性がそのビリケンを見ると、宇口は「何見てんの」という顔で女性を眺める。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑧》その顔なんやねん

やさぐれ警官はなんともクレイジーな顔をしながら、オバ車を追っかけてきていた。

陽気なオバチャーンたちを突如拳銃が襲う。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑨》クレイジーポリスがクレイジーすぎてヤバい
陽気なカントリーにはとても似つかわしくない銃声が轟く。
オバチャーンと女性は驚き身を屈めるが、運転手に「銃ならあるぜ」と指示され舟井はアタッシュケースからライフルを取り出した。
そして銃撃戦が始まる。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑩》カントリーに合わせて銃撃戦が始まる

宇口はビリケンを守るため抱きかかえ続けている。
舟井は女性にも拳銃を渡し、「あんたも戦い」と告げた。
はじめは戸惑うもオバチャーンに促され、意を決してパトカーに銃を突きつける。

激しい銃撃戦。
揺れる車に耐えきれず、うっかり宇口は大事なビリケンを手放してしまう。

宙に浮くビリケン。
気を取られたやさぐれ警官は、ガードレールに突っ込んだ…。
暗転。恐らく、彼の命はもうないだろう。

シーンは冒頭の砂浜へ。
女性は変わらず砂浜を歩いているが、さっきと打って変わって満足そうな笑みを浮かべている。
さっきの銃撃戦は幻か?
しかし彼女のカバンからは、宇口が抱き抱えていたはずのビリケンが覗く…。
彼女はそれに気付いているのか?何を考えているのかはわからない。
彼女は聞いていたカセットを海に投げた。

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑪》何故カセットを海に投げた

《オバ・ザ・スカイのここが狂ってるポイント⑫》オバチャーンが脇役すぎる

これアーティスト&アイドルあるあるなんですけど、ある程度コンテンツが成熟して完成形が見えてしまうと、運営側はそれをぶち壊すべく試行錯誤したりする。
それって得てしてファンにとっては喜ばしくないことで、「いやいや!元のコンテンツが好きで俺たちはファンやってんだ!!」って抗議したくなる。
例えばAKBが初めてRIVERを出したときに「いやいや大声ダイヤモンドとか言い訳maybeみたいなアイドルっぽいPV見せてくれよ~~~!」って思った人が多かったみたいに、「いやいやオバチャーンのテーマとかオバレゲエみたいにオバっぽいPV見せてくれよ~~!」ってわたしは今思ってる。スーパー玉出とか通天閣とか道頓堀でゴリゴリオバちゃんしてくれよ~~~!
毎回同じものを生み出しても意味がないのはわかる。
新しいことに挑戦していくも必要。
だけどもうちょっと今そこにある自分たちのコンテンツに自信持っていいんじゃないかなってわたしいつも思います。

そんなん思うオバオタガチ勢がこの世に何人いるか知らんけど。

以上です。
オバオタ

2017年12月15日金曜日

数十年ぶりの再会 in youtube

youtubeにはいろんな動画があるけれど実は「映像化もされてない古い時代の録画」って、最も価値のあるもののひとつだと思うんだよね。
誰かが
①ビデオを録画し
②ずーっと何十年も保管し
③パソコン経由で見られるデータに変換する

すごい労力だよね。奇跡だよ。
どこかの物好き(褒めてる)がそんなことをしてくれるおかげで、わたしたちは70年代の歌番組なんかも観れるわけです。
もうこれ立派な文化財だよ…。

昔おばあちゃんに「これ、いろんな動画が観れるんだよ」ってyoutubeを紹介した時に
「○○って歌い手さんの音楽もある?」って聞かれて、探したらとある歌番組がヒットした。
それを見せたときのおばあちゃんの「そう、そう、これ、これ」とうれしそうな顔…。
おばあちゃんはその歌を一緒に口ずさみはじめた。おばあちゃんが歌ってるのわたしはその時初めて見たよ。
あの時おばあちゃんの心はその時代にいたんじゃない?
これってもしかして小さなタイムスリップ…?

断捨離も大事だけど、決して捨てちゃいけないものも世の中にはあるんだなと思うのであった。


2017年12月14日木曜日

日本の交通費は高くないらしい

最近中華圏にばかり行くせいで、てっきり日本の交通費は高いと思っていた。

例えば
<新幹線・350キロ>
西安~洛陽(中国)二等席:275元(5000円)
台北~高雄(台湾)自由席:1580元(6320円)
東京~名古屋(日本)自由席:10360円

<地下鉄・初乗り料金>
上海(中国)3元(60円)~
台北(台湾)20元(80円)~
東京(日本)170円~

ホラ…。高いじゃん…。
交通費が安いってそれだけで中華圏に飛び出したくなるじゃん…。

でも、今日日本に住み始めたばかりのベルギー人と知り合ったのでお話してたら「日本のいいところは電車賃が安いところ」と衝撃の発言を受けた。
え…??
わたし高いと思ってたんですけど???
「ベルギーは電車賃が高いんだよ」
調べてみると初乗り1.8ユーロ(260円)。確かにお高いめ。
「一社独占だから高いんだ」
やっぱ一社独占って本当にダメね!!!!

「あと、時間に正確なところがすごい。ベルギーだったら、10分遅れるのが当たり前」と続ける。
時間の正確さは間違いなく日本の誇れるところだよね。
「たまに日本の電車も遅れることあるよ」
「そうなの!?信じられない」
「そういうときは大体自殺」
「OH...」
世界にはいろんな事実があるよね。


よんを。
twitter https://twitter.com/yonusa1

※ここに出てくる円表示は割とレートがガバガバです。

2017年12月13日水曜日

スリランカカレー革命

前にスリランカカレーが苦手っていう話をしたんだけど大好きなお店ができてからすっかりスリランカカレーの虜になりました!!!!!
お皿の上に盛られたおかずとカレー。それぞれ食べても混ぜて食べてもうまい。
これがスパイスたちのぶつかり稽古かー!!!!!
好きすぎるあまり、最近ではカレー以外の料理でも混ぜて食べるのがおいしいと感じるように…。

その結果最近持ち歩いてるお弁当がこんなスタイルになりました。
2種類のおかずをごはんで仕分けするスタイル。
食事中アジア欲が高まったら混ぜ散らかす。
混ぜごはん最高ぅ!!!

そういえば学生時代アジアンランチっていうワゴンでアジアのぶっかけごはんお弁当を売りにくるお店が好きだったなぁ。
煮物の煮汁でご飯食べたいタイプの人間なので、ぶっかけごはんがうまいのも当然かも。

やったことがない人はぜひ新しい扉を開いてみてください。


よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

2017年12月11日月曜日

誰にだって苦手なものがある

みなさんは何が苦手ですか???

わたしは制汗スプレーやスタイリング剤などをはじめとするスプレー全般と
太いマーカーペンで何かを書くときの擦れる音が苦手です!!!!!!!!!!!
そういうときは自分がどくか、相手にお願いしてどこかでやってもらうかしかないんだけど
自分の「いやだ!」って気持ちに任せてついつい相手に対して「配慮が足りない!」ってレッテルを張ってしまいがちになる。
たまに見かけるよく分かんないけどめっちゃキレてるおじさんも多分「自分が」不快に感じる何かにキレてるんだろうなぁ。ネットでもよくいるよね。
自分の尺度で図った気持ちを、みんなの総意だと思っちゃいけないね。
自分の常識は誰かの非常識って言葉が胸にしみますね。


よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

2017年12月10日日曜日

もう二度と乗らないでください

怒ってるよ!!!!!このニュース。
中華航空、日本人が騒ぎフライト引き返す トイレで喫煙も

ただでさえ飛行機ってストレスを感じやすい環境。
わたしはそこそこ乗る機会もあるのにちょっと揺れるだけで椅子の肘置きをガッチリ掴んでみたり神に祈ってみたりハラハラしてるので
出来るだけ安らかであってほしいって思ってる。

そこに現れた酔っ払い。
騒ぐ、トイレでタバコを吸う、機長の言うことに従わない。
わたしが同じ乗客だったら「マジで勘弁して」って思うし、それ以前に超怖い。
もし暴れだして暴力沙汰になったらどうしよう?
不安が伝播して、みんなもギスギスしだしたらどうしよう?
機長がストレスで操作ミスしたらどうしよう?
不安は尽きないよ。
だって、空っていう自力でどうにもできない完全個室ではあまりに無力だから。
実は交通の多くは乗客が「運転手に従う、ルールを守る」という了解のもとでしかなりたたないサービス。その中でも最たるものが飛行機なんじゃないかな。

絶対一緒に乗り合わせたくないので、こういう人は一生飛行機に乗れないようになればいいなと思うし
迷惑かけるやつの床が突然ぱかっと開いて落下するシステムを渇望します(物理は考慮しないものとする)。



よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

2017年12月9日土曜日

目を脅かす過矯正

最近わたしは視界がぼやけてぼやけて仕方なかったので泣く泣くメガネを慎重しに行った。
一通り検査をし終えると、店員のお兄さんは言った。
「前のメガネと度数はあまり変わってませんよ」
なんだと?
こんなにぼやけてるのに???
「でもわたし最近ほんとに目が見えなくて…」
わたしが訴えるとお兄さんは解説してくれた。
「それはメガネの過矯正です!!」
それはメガネの治すチカラが、本来矯正するべき数値より大きくなってしまうこと。
乱視の度合が変わったりすることで起こるらしい。
「最近光がチラついたりしませんでした?」
お兄さんの言葉にわたしはハッとした。
パソコンがまぶしすぎたり、携帯がまぶしいから輝度を目いっぱい低くして人に「なんでそんな暗い画面見てるの?」と驚かれたりしてた。

過矯正だわ…!!!!

思い当たる節が多すぎる。
お兄さんは「そんなんでよく耐えてましたね」と笑った。

目が悪くなったと思いたくなかったからメガネ屋に行きたくなかったけど!!!
おかしいなと思ったら!!!!
専門機関へ行こう!!!!!

新メガネで肩凝りや眠たすぎることなど全ての不調が治ることを期待している(過期待)


よん
twitter https://twitter.com/yonusa1