2012年9月29日土曜日

悲しみ

ベトナムで忘れられない光景・・・
いくつかあるけど
そのうちの一つは動物園で必ず見られる動物が力なくガラスを叩き続ける光景です

名も知らない爬虫類くんがトントントントンとガラスを叩き続けるその姿・・・

あるいは
もう力もなくぐったりと寝そべる爬虫類くん・・・

なんかもう、
なんて辛くて悲しい場所なんだここは
とおもいました。
「ちょっと裏から取ってきたよ☆いっぱいいたからいっーぱい取ってきたよ☆」的な太いヘビが
何匹も重なり合って、微動だにせずじっとしてる姿・・・

人間はなんてエゴイストな生き物なんだ(涙)

ほんとうに爬虫類はそこらへんから取ってこれる分
愛がないというか・・・
ゾウさんとかは、エサもたっぷりもらって比較的のびのびしていたんですけど
まぁ「お前になんか動物園に展示される気持ちはわかんねーよ!パオーン!」って言われたら
もうほんとその通りでゾウさんに謝るしかないですが
彼らがもっと
自由に過ごせる日がくることを願ってやみません



よん

2012年9月28日金曜日

ただいま

帰ってきましたーーーーーー!!!!!

ただいまにっぽん!!!
今朝帰ってきましたが涼しくなりましたね!ほんとうに!
そして今日はなにをしていたかというと
ベトナム初日で行ったクチトンネルによって発生した筋肉痛(4日前の出来事)に
いまだにヤラれていました(恥)

笑うがいい。

笑いがいいさ。

貧弱なわたしの
筋肉を。

そこが普段使ってない筋肉なんですなんて
言い訳はしないさ。
だってどこの筋肉も使ってる自信なんてないんだから(恥)

あーーーーー

全身がいたい。

わたしになら、確実に言える。

ベトコン(南ベトナム民族解放戦線)は凄かった。


詳しい感想はね、またちゃんと書いていきたいとおもってるんですが
ベトナム、一言でいうと
けたたましい!うまい!安い!安い?排気ガス!ってかんじです。
けたたましいはもう、視覚的にも聴覚的にもけたたましいのなんのって、
街中ネオンがきらめき、それもなんだろうな、アジアらしいネオンというか、古き良きネオン。
電子掲示板とかでは決してない。そうだお前がネオンだ。
そして人口900万人中、500万台バイクを持っているといわれているホーチミンシティ・・・
朝6時にもなれば外からは
ブロロロロロロロロロロ・・・
ファンファンファンファン!!!
ぱっぱーぱっぱー
ティロリロティロリロー!
ブロロロロロロロロロロ・・・(エンドレス)
ですよ!!!!「東洋のパリ」の名が泣くわ!!!
ちなみに信号渡るというのはこいつらと戦うということですよ。
観光地のそばの道路には、公務員らしき人が常備していて
旅行者をエスコートしてくれるというサービスがあります。
交通整備するという選択肢はないのですか。

物価は安いんだけど、長い間続くインフレによって1000ドン=4円という状況に陥り、
桁が凄まじいことになってます。
フォーとか超絶安くて、200円で食べれるんだけどいかんせん桁が万ドンだから
もうそれが安いのかなんなのかいくらなのか数学できないズには大混乱を招きました。

いろんな側面があって、学べることも多かったし、ツッコみたくなることが多かった。

しかしなによりツッコみたいのは
いまだに痛いわたしの体です。


さて。寝るとしよう。明日の朝には軽やかボディになってると信じて・・・!

2012年9月23日日曜日

おさんぽ

昨日は表参道から外苑前を散歩しまして
出会いましたが

こちらのマーケットでございます

もう、

わたしそういうの

だいすき。


だいすき(大事なことだから)

そして入った瞬間彼と目が合いました。
あなたは・・・

とうもころしさんではありませんか・・・?

ああ・・・

毎年お会いしていたのに今年はただの一度さえもお会いしませんでしたね・・・

もしや・・・ここで出会ってしまったのも、

何かの運命なのかしら・・・

北海道からやってきた甘い甘いとうもころしさん・・・!

気が付いたときには、わたしは人目も気にせず噛り付いていました。

そして気が付いたときには、手には淡路島産のたまねぎとおまけでもらったアイコ(甘いトマト)2粒を持ってました。
 
・・・なんてこった!やられたぜ。 
気付かないうちにこんな幸福感で満たしてくるとはなんてやつだ。
 
これがオススメスポットそのいちです。



そのに。

先端技術館。
知ってますか?東京都民でもその認知度の低さに舌を巻くことでしょう。
そこにいるのはこの子
わかまるくんです。
わかまるくんとはコミュニケーションが取れます。
どんなことが出来るかは後ろの紙に書いてあって、「握手しよう!」と言ったりすると
「ワーイ!握手ダ握手ダ!(棒読み)」と喜んだフリをして握手をしてくれたりするのですが
紙に書いてあるにも関わらず
「じゃんけんしよう!」というと徹底的に無視を決め込んできます
じゃんけんでなんかあったのだろうかわかまるくん。

あとは画面に映ったひとの性別・年齢を見抜くという先端技術において
女・32歳と診断されるなど大変楽しい施設なのでぜひいってみてください。

ちょっとうっかりさんなところも多々ありますが、
わたしたちの生活を支えてくれる素晴らしい技術が垣間見れます。


そして昨日夜、先日どうしてもチャーシューが食べたくて買った豚バラブロック肉が
賞味期限来てるのを思い出し、夜中2時にじっくりコトコトチャーシューを作り始め、
明日からいなくなるので、今日明日JOL HARAJUKUで行われている
ヨネ☆チェキSTUDIOで来ている友人たちに 
チャーシューをラップから直で配るという到底HARAJUKUらしからぬことをしました。




正直、おいしいは正義だとおもっている。

というわけで、明日からベトナムいってきまーす!
明日もイベントやってるのでぜひきてください!若い子いっぱい揃ってますよ。(ニタニタ)





よん

2012年9月21日金曜日

秋になってきましたねえ。
夜は涼しくて過ごしやすいですね。
昼はまだまだあつくていまだに絶賛夏バテ中です。
なんて過ごしづらいんだよ!ちくしょうめ!!

ところで
蝉もいつごろからかおさらばして、もっぱら鈴虫の季節になってきました
しかしながらわたし
鈴虫に言いたいことがある

家に帰るときにいつも
鈴虫の鳴き声に囲まれてしまうんだけどお前は一体どこに何匹潜んでいるんだい

いやもうほんとうにすごいんですよ
右からも左からも上からも下からもりんりんりんりん
恋のダイヤル6700かって(オッサン)
NARUTOかなんかの技食らってる気持ちになれるのでぜひ来てみてください。

秋といえばねー、
我が目黒区では秋のさんま祭りがあったんですけど、
さんま、考えちゃうよね。
岩手県で水揚げされたさんま・・・
そうやって書くと外聞が悪いけど、わかってほしい。
岩手県が悪いわけじゃない。悪いのは、然るべき対処を取らずに
”暫定基準値”でいいも悪いもごっちゃにして正しい判断材料を奪った政府だ。
偉いおとなたちだ。
農家のひとたちや漁師のひとたちがたくさんがんばってきているのは、こっちだってわかっている。
それをわかっていながらもわたしたちは311から、
すべての食材がどこから来ているのか考えなきゃいけなくなった。
「安心安全」という言葉で一方的に押し付けられるたべものを、
「ただちに健康に影響はない」を信じて、無視することもできる。
何事もなかったように気にしないこともできる。
でも、誰もが「こうしたらどうなるか」を知らないものに対した時、
マイナスの方向に考えて警戒するのは健全なことだとわたしはおもう。
ただそれはとてもかなしいことでした。
スーパーに行ったとき、むかしはおいしそうな食材を思うがままに選べばよかったのに、
いまはここはだめあれはだめ、ここならいいかなって考えながら食材を選ぶのは、
すごく大変だし、かなしい。
外でごはんを食べるときに、この野菜はどこのなんだろう、このお肉はって考えるのも、
くやしい。おいしいだけを考えていたい。
だからわたしは二度とこういうことを起こさないために、
日本は再生可能エネルギーに向かっていかなければならないと思うのに
昼番組に出てた脱原発を訴えられたときの意に介せず!!な総理の顔に
イラッ☆としてしまいました。てへぺろ。

いい国なのに。いいところいっぱいあるのに。
どこに向かっていくんだろう。そのためにはそのどこに向かっていくんだろうを、
ここへ向かっていかなきゃにしなくちゃいけないんだよね。



ちょっとまじめな話をしました。
秋だからね。
栗とか、何も気にしないでいっぱいたべたいんだけどな。





よん

2012年9月18日火曜日

弱いもの

わたしは大抵のものに関して
ブランドには興味ありません。

服だってカバンだって
出来るだけ安く買いたい。
そのためには何の名前もいらない。
好きな服屋は夜市です。

ただ
わたしにはひとつだけ弱いものがあります。


そう、

それは

食べ物のブランド!!!!


例えば豚さんです
パックに書いてあるのがただの「国産」だったら

ってなるところを
もしそれが、


もしそれが「四元豚シルキーポーク」だったら
 

テンションだだ上がりですよ。

そんな我が家が先日からoisixという制度を始めました。
oisixがなにかは各自ネットで調べて自らもハマるか
簡単にハイソな生協だと思ってください。

そのoisixから
丹精こめて作られたお野菜が送られてくる・・・


初回、わたしはあまりに興奮しすぎて

その日のパスタはこんなのになりました











誰だ。鍋に入れる野菜とかいったのは。





よん

2012年9月15日土曜日

夢見るオッサン

いまさらですが
ヨン・キモオタさんとは一体どんなひとなのか
みなさんにご紹介したいとおもいます



わたしの頭のなかの4割ぐらいを
キモオタさんが占めてます。オッサンです。おんなのこが好きです。
特にむちむちした白いおんなのこがすきです。
脚が特にすきですが細くても太くてもだめです。むちむちの美学です。
時々フライデーと好みが合います。オッサンです。

キモオタさんのせいでエスカレーターの上におんなのこがいたら
しゃがみたいという葛藤に晒されます。
キモオタさんそれ犯罪です。やめてください。




おんなのこに夢を抱いています。
その5ヶ条を少し紹介したいとおもいます。
キモオタさんの5ヶ条です。笑ってキモいな夢見てろと言ってください。

1・おんなのこは下品な言葉をつかわない。
×「え~これクソかわいい!」→○「これすごいかわいい!」
×「くっせえ!」→○「ちょっとにおうねー」
×「まじうっせえな」→○「うるさいよ。プンプン」
わかりますか。

2・おんなのこは大きな声を出さない。
居酒屋でギャハハハわらってる・・・
電車の中で大声で電話してる・・・
そんなのはもう、おんなのこじゃない。

3・おんなのこは泥酔しない。
性別問わず、お酒飲んでどーこーするようなひとは基本的に好きではありませんが
おんなのこだったらもう言語道断です。
ホームで迷惑をかけてるようなおんなのこ・・・
ゆるせません。
でもおしり丸出しにしながら号泣するのは一周まわってゆるせるような気がします。
まあ、誰とは言いませんけど。

4・おんなのこはいいにおいがする。
でも香水の匂いなんかじゃなくていい。
シャンプーの香りが最高だ。

5・おんなのこは黒髪がいちばん。
いじりすぎないかわいさが素敵だ。
だからわたしは今のゆうこす(菅本裕子:元HKT・先月後半、突然の脱退。理由も明かされず、密かに推していたキモオタさんは大変悲しんだがその後、個人でtwitterを開始。時々あげてくれる写真がキモオタさんの中で大ヒットしている。)が大好きだ。


おんなのこってのはいいな・・・





ヨン・キモオタ

2012年9月11日火曜日

気にしてないこと

どうでもいいんですけどこの前
我が父上が写真撮ってたのでFashion's Night Outに行ったんですね

そりゃあシャレオツイベントですから
オシャレだいすきなオシャレなひとたちが集まってるわけですよ。
 
イメージこんな感じね。
片手にウェルカムシャンパンとか持っちゃう感じね。
右の子の手が武器か何かみたいになってるけどそこは気にしないでイメージだから。
この絵オシャレじゃないかもしれないけどオシャレなんだなって理解してイメージだから。

そこでね、全然気にしてないんですけど
わたくしは中学生に間違えられました

全然気にしてないんですけどね、原因を考えてみたんですけど
やっぱ周りが↑なときにひとりこんなのがいたらね 

やっぱね!中学生にも見えちゃうよね!!!
別にわたしがこどもすぎるとかじゃなくてね!!!
比較だよね!!!!!!



・・・・・・

アハハ。




別に周りがうらやましいとかではありません自分には自分の生き方があるし
自分には自分の需要があるという自負がある(何も誇らしくない)

でも
幼稚園のときから全く変わってない自分に心配はなってます。

大丈夫かな。
将来こどもとか生まれたときこどもが中学生になって
「あれ?お母様?どこですか?ってえっいたっ生徒かと思っちゃった!!!」ってなんないかな
心配だわ・・・




よん

2012年9月10日月曜日

ちかい

おい。おまえ忙しいとかいってなかったか。
てへ。出てきちゃいました。でおなじみのよんが今日も新しい日の到来を
お知らせさせていただきます、現在午前も3時を迎えました。

今日のテーマ。
「嫌いな言葉」。
ちょっとその言葉を浮かべると腸が煮えくり返るこの怒りをぶつけるために
この場所へとやってきました・・・

「嫌いな言葉」


それは


「そんなん出来るわけないじゃん(笑)」です。

周りで聞いた覚えありませんか。
今言おうとしてるひと。考えてみてください。
あなたはその事柄についてどれだけ努力をしたんですか。実現しようと頑張りましたか。
それをしようともしないで何で決めつけるのか?

若い人はこれ禁止!禁止でお願いします!
できるわけないことなんてこの世にどれだけあるの?
できないことじゃないよ。 できないこととできるわけないことは話が違うよ。

例えばね、「この仕事が嫌だ」とか言いながら働いているひとに
「じゃあ違うことしちゃえば?」っていったときの「出来るわけないじゃん(笑)」。
何に囚われてるの?お前は塔の中のお姫様かい?
お姫様だって髪の毛伸ばして塔から脱出してるのに何をしてんのかい?

誰が決めたのその「できない」は。

自分の可能性を自分で信じてあげなくちゃですよ。
自分が思ってる以上に世の中に「こうしなきゃいけない」なんてないと思う。

自分が楽しいと思ったことを、やっていなくちゃ
いまに意味なんてない。
だって、過去現在未来があって、その中で一番大切なのは現在だ。
大切な現在が過ごせれば、それはいずれ大切な過去になる。大切な未来が見える。

わかるかいこれが!!
深夜のテンションです!!!

ただ、そうやって初めから可能性を閉じてしまうひとに
一歩引いて視野を広げてみてほしい。本当にそれは不可能ですか。
別に壁に正面突破しなくたって抜け道から行ったって
わたしは構わないと思います。





よん

2012年9月9日日曜日

ただいまやさぐれちゅう

我が家の冷蔵庫のホワイトボードにはわたしが落書きして以来やさぐれうさぎが生息しているのですが
いまのわたしは限りなくこんな感じです。




よん

2012年9月4日火曜日

第一回目インタビュー

本日は、自称アイドル評論家のヨン・キモオタさんをお招きしています。
時はアイドル戦国時代。先生のアイドル人生などを踏まえつつ、先日のAKB48のドームコンサートなどについてお伺いしていきましょう。




”今後絶対売れる!なんて思ってない。ただ自分が夢中になっていっただけ”
―――アイドルを好きになったのは、いつからですか?
そうですね。私がアイドルを好きになったというのは、つまりAKB48を好きになったときです。父の仕事の関係で、秋葉原のドンキ・ホーテ8階の専用シアターが建設中の時代から出入りはしていました。私は小学生の頃、モーニング娘。の全盛期を迎えているのですが恥ずかしながら、思春期特有の”他人と違うぜ!”感を出したいがためか、アイドル?え?(笑)と思って生きてきていまして。シアターなんか連れてかれても、全然興味もなかったんです。保護シートの上を歩きながら、ずっとふーん、って思ってたんですが。
―――それが変わっていったのはいつですか?
忘れもしない、2005年12月8日。私は親から呼び出されていたので学校が終わってから、シアターに向かいました。ついたときには、ちょうどマスコミ専用披露会が行われていたのですが。そこで舞台上のおんなのこたちを見た瞬間真っ白になりました。どっからどうみてもふつうの、ふつうよりちょっとカワイイおんなのこたちなだけなのに、ものすごく輝いてて。忘れもしない。「桜の花びらたち」を歌って踊りながら、緊張しながらも、必死でニコニコしている。あのときのワクワク感で、私は一気にオタクにさせられてしまいましたよ(笑)秋葉原、秋元康って言って周りはちょっと引いて見るところから初めていったけど、「見ればわかる」と思っていました。見ればわかる、見なければわからない。この、現実から一歩だけ先にある、分かりづらい輝き。そんなものに、私はあっという間に魅了されてしまいました。
私は、スタッフとしても若干ですが携わりながらも、推しメン*1なんかも作っちゃったりして(笑)父がAKB48の仕事から離れた7年後の今でも魅了され続けています。他のアイドルをかじったりもしたけど、一番気になっちゃうのはAKBなんですよね。
*1推しメン:好きな(一押しの)メンバーのこと。ちなみに、ヨン先生が一番初めに推したのはちるちること星野みちるちゃんだそうです。




 ”それでもあくまで、「アイドル」は夢を見させる仕事だから。”
―――今のAKB48の活躍はどう思いますか?
従来のCDの販売方法を次々と覆しながら、巨大化していく。ミリオンを連発するようになっていくとは、当初思いもしませんでしたね。AKB48の魅力というのは、やっぱり「一歩だけ先にあること」なんだと思います。芸能人と会ったとき、ファンっていうのは、よく「ほんとにいたんだ」とか言ったりするでしょ。でも、AKBの場合は「やっぱりいたんだ」みたいな。「写真より、カワイイ」っていう、もともと存在に現実感がある。成長を見守るというコンセプトや、「会いにいける」というコンセプトがもたらす距離感だと思います。「会いにいける」は劇場から始まりましたが、ますます進化していて、ブログやtwitter、ぐぐたす*2など、様々なコンテンツで今何をしているのかが分かるくらい身近なところまで、AKBの存在は私たち視聴者側に引き寄せられている。ぐぐたすでは、検閲がないため愚痴をこぼしたりすることまであるしね。それは自分自身だったり、運営にだったり、人間関係にだったり。みんな様々なことに悩んでいる。人間の、人間としての感情の動きや、弱さまでもが伝わってくる環境にあるというのが、現代のAKB48における大きな特徴だと思います。
しかし同時に、その距離の線引きっていうのは難しくて。ファンも、メンバーまでもが、時々距離が分からなくなって、ファンと繋がっちゃう子が出てきちゃうんですね。私は、これはアイドルとして最もいけないことだと思いますね。オタクは第一の理由に相手以前に「処女性」をあげることが多いけど、私としてはやっぱりファンと繋がるっていうことにとんでもなくガッカリ感を覚えます。それはもう、「アイドル」なんか名乗っちゃいけないよ、と。まあギリギリ感が売りな以上、仕方なかったりするんでしょうね。恋愛禁止なんかされてるばかりに身近なちやほやしてくれる男性に目がいってしまうのかもしれません。 でも、そういうことやってる子はやっぱり干されてほしいな*3、って思っちゃうのが正直な気持ちです(笑)恋愛禁止が大事なのではなく、プロとして、ファンに手を出しちゃあ終わりってことです。
あとは、「アイドル」っていうのは夢を見させる仕事だから、愚痴の使い方も考えさせなきゃいけない。人の気持ちをマイナスに向かわせるような愚痴を書くっていうのも、よくないなあと思います。愚痴を、「俺が支えてあげるからね!」って思わせる材料に変えること。それも、その子の才能ですよね。そしてぐぐたすでは、誤爆が多い。検閲がないから、友達に送ろうと思ってたメールを間違えてぐぐたすにあげて問題になったり・・・。これだけ大きい完成された組織のはずなのに、こんな地下アイドルみたいな問題が起こっちゃうんですよ、AKBっていうのは。そこも、怒ったり「もうオタやめる!」とか言いながらも、なんか気になっちゃったりするんですよね。
*2ぐぐたす:google+の略。検閲がなく、動画もあげれるためリアルなアイドルのおんなのこたちの気持ちが見えると評判に。一時は、秋元康氏自体がドハマリし、常に駐在しているとファンの間で話題になった。
*3干される:人気が出るという意味でつかわれる「推され」の反対、「干され」。干されるというのは、選抜から外されたり、 仕事がなくなったときに使われる。



”だからこの子たちの後ろに、道は続いてきたんだ。”
―――今回の東京ドーム及び前田敦子さんの卒業はどう思われましたか?
「卒業」という、アイドルという世界に出来上がってしまっていた制度がAKBに到達するのも、思いの外早くて。結成から半年後に、宇佐美友紀ちゃんが辞めてから、7年という歴史の中でいろんな女の子がやめていきました。同時に、SKE48、NMB48、HKT48、JKT48も含めたら爆発的に増えていって、20人が10倍近くになってたりするんだけど・・・。そんな人数の中でも、「矢面に立ち続けた」前田敦子ちゃんの卒業は、やっぱり他とは違うんですよね。もはや、日本のテレビ業界、CD業界でいろんな影響をもたらさらざるを得なくなったAKBのセンターの「卒業」は。古参*4としてはすごくさみしいけれど、この人気絶頂の中やめるっていうのはアイドルとしては「持ってる」と思ってしまいます。私にとって最高のアイドルの形は、山口百恵さんなので。アイドルが絶頂期にやめるっていうのは、「伝説」を作るでしょ。前田敦子は今卒業することで、センターを不動のものにしたんですよ。
そして今回東京ドーム「1830m」を観にいかせていただいたんですが・・・ただの古参として言わせてもらえば、涙涙ですよ。もう、7年前あんなにピヨピヨしてた子たちがこんなに大きな存在になっていったことがまずうれしい。大人になりましたね。いろんな意味で。成長しました。変わってしまったな、って思うこともあるけれど、なにより成長がうれしかった。きれいになったし、歌もうまくなったし、そんな言葉にできること以上に、オーラがあります。あの時、披露会でみたときの輝きとは少し色を変えてしまったけど、それは大きなオーラでした。だからこの子たちの後ろに、道は続いてきたんだ、と。私は泣きながら思ってました(笑)
今のAKBのファンの中では、次世代論争が激しく行われてて。オタ卒*5のきっかけになる今。前田敦子なき今後のAKBがどうなっていくかが、AKBの本質の見所ですね。
*4古参:古くからのファンのこと。反対語は「新規」。○○が発売されたときにファンになったことを、「○○新規」ということもある。(例:大声ダイヤモンドが発売されたときにファンになったひとを、「大声新規」など)
*5オタ卒:オタクをやめること。気持ちがなくなったときが最高のやめ時だが、「なくなりかけ」程度が続くときはキリのいい出来事に便乗してやめたりする。


”「なんだとお前見届けてやろうか!」と思わせることがすごい”
―――これから、AKB48はどうなっていくと思いますか?
アンチがいなくなったら終わりとされるAKB界。東京ドームでの「商品陳列」とされたおんなのこの並べ方や、順位を決めてその人の待遇を決める選抜総選挙、じゃんけん選抜。握手券や写メ会など、CD業界異例のミリオン連発。それを、トップニュースとして報道するマスコミ。テレビ番組の私物化。一般人の批判のみならず、組閣*6や突然の解雇、特定メンバーのゴリ推しなど、ファンまでもを翻弄して、時にはアンチにさせながらAKBは肥大化してきました。もっとも、秋元さんは「アンチ」って曲を作ったり「嫌われる勇気を持ちなさい」というくらいだから、それを楽しんでいたりするんだけど(笑)
私は前田敦子ちゃんが卒業すると発表した時、ああもう終わる!と思いました。敦子なしでどうやってやってくの敦子敦子敦子って思ってました(笑)でも、この前の組閣でなにをしてるんだこいつらはと思ってると同時に「なんだとお前見届けてやろうか!」と思ってる自分に気付いて。ああ、なんかすごいなって思っちゃいましたね。その時。
そうやって、話題性重視で、他のものが欠けてたりもするけど(笑)目が離せなくなってしまう。アンチも、見てると「お前大好きだな」って人ばっかりだったりしますからね。そのワクワク感が途切れない限りは、AKBはこれからも「国民的アイドル」として君臨し続けるのではないでしょうか。まだ、前田敦子ちゃんのいないAKB、ちゃんと想像できないんですけどね(笑)
*6組閣:AKB48にはA、K、B、4と4つチームがあったが、そのチームのメンバーを入れ替えること。今回で2回目。今回の組閣では、チーム4がなくなった。

―――アイドル業界は、どうなっていくと思いますか?
今ってちょっと、不思議な時代だと思うんです。ニュースでいろんなアイドルのイベントが取り上げられたり。アイドルが溢れるようになったというか・・・。ほんと、いろんなところで見ますから。渋谷に出れば、今は「前田敦子卒業宣言!」っていう広告が大々的に貼られ、スーパーに行けばももクロのアイスの宣伝があったり・・・。いろんな方向性の人たちを、いろんな方向性のアイドルが吸収しているというか。アイドル好きな人は、48系。サブカルが好きな人は、ももクロ。オシャレな感じが好きな人は、パフュームだったり。バラエティが好きなひとは、ももちとか道重さゆみちゃんとかが好きかもしれない。そうやって、あらゆる方向に芽が出てて、好きなところを摘める、というか。でも、いつの時代でもアイドルが必要なのは事実で。「アイドル」として存在しないときは女優だったり、スポーツ選手だったり、モデルだったり、必ず時代の中でおんなのこは必要とされてきたんです。それが今、「アイドル」として「アイドル」が存在している。 たくさんのアイドルがいるけど、誰かがだめになったらその代りに誰かって形にはならないんじゃないかな。今はもう、ほんとに多方面化してきて、しかもそのニーズに合わせるようにアイドルが生まれるようになってきているから。ひとつのグループに飽きたら他のグループを応援するってことはあるかもしれないけど、ひとつのグループがだめになったから、他のグループをその代わりに起用!ってことはないと思うなぁ。グループがだめになったら、そのときはアイドルの衰退ですよ、きっと。「アイドル」のサイクルが、次の時代へ向かうだけです。
ただ私は、餅は餅屋派です。「アイドル」がアイドルをして、「女優」が演技をして、「声優」が声のお仕事をする。「スポーツ選手」が、スポーツをする。「アナウンサー」がニュースを伝えたり、司会をする。その、線路を飛び越えない方が、お互い長く生きれるし、批判も少ないと思うんだけどね。
とにかく今はまだ、「アイドル」を応援していきたいと思ってますよ!



7年前からアイドルにハマリ、アイドルを見続けているヨン・キモオタさん。「叩かれることが怖い」という彼が、「今喋らなければいつ喋る」と時々「峯岸みなみちゃんの脚がいいんだよね、ぐふふ」「んんんんまなつうううううう」など気持ち悪いことを言いながらもインタビューに答えてくれたのが印象的でした。




よん
よんぶんのいち

2012年9月3日月曜日

こじあけた!

http://yon-usa.digi2.jp/


サイトつくりました。
てかつくってました。

つくってもつくっても
完成しなかったからとりあえずオープンしとけばなんとかなるだろとか
全然思ってないよ。

全然思ってない。

もっともっと時間かかりそうだったから
とりあえずオープンしとけばなんとかなるだろとか


・・・























最近、ブログ手ぇ抜いてない?って?

そんなこと・・・




 

















アハハ。







よん