2013年2月28日木曜日

昨日のおじちゃん

昨日「30日にイベントがある」といわれ、
「え、それって2月の?」って訊いたら
「2月に30日はねぇよ!!!!」と返され恥ずかしい思いをしましたこんにちわ!!!!

いやー。
なかったわ、2月30日。

というわけで、今日で2月も最後になりますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
わたしは相も変わらず
今日が2月最後という現実を受け入れられずさっきまでふてくされて寝てました。

はい。嘘ですね。ただ眠かっただけです。


昨日は、水曜日恒例☆いも屋のおじちゃんと逢引きしてました。
7年目にして、はじめて名前を交換しました。

おじちゃん照井というらしいです。
はい、みなさん探してください照井といういも屋を。
まじでおじちゃんのいも食べたら他のいも屋いけないよ。

そのおいしさもおじちゃんのいもへの愛がなせる業です。

いも食べ過ぎて胸焼けするくらいだからな。

であったときアイスを食べながら歩いていた2号は
めっちゃ怒られてました。
アイス食べるなんて…常識で考えて!


そんなおっちゃんと会える水曜日が
わたしはたのしみでなりません。
今度芋パーティーやるみたい。
宣伝していいのかな?よかったら今度宣伝しよーっと!


よん

2013年2月27日水曜日

ラブ米

最近なんだかとっても米が好きです。

米はいい。

わたしは今まで「米か小麦粉か?いや~、ぶっちぎりで小麦粉だよね(笑)」とか
「米がなくても生きていけるか?生きていけると思うなー、わたし(笑)」とか
そんなことをほざいていましたが

わたくし(21)、米に目覚めました。

いや~、米はいいよ。
あの噛んでるうちに湧き出る甘みがたまらないよ。

それでも「米か小麦粉か」って訊かれて「米!!」って答えるわけではなく
「どっちも!!」に進化を遂げただけです。

何故なら小麦粉が偉大なのは変わらないから。

それにしてもお米なんて今までなんも興味がなくて
「気が付いたら1週間米食べてない(笑)」とかもざらにあったのですが、
ええ、たぶん今でもそれで全然生きていける、たしかに

しかしわたしにとって米とは
そう、米独特の香りと甘み、そしてあの粘り気によって生み出されるハーモニーで
魅了してくれる、贅沢品とでもいいましょうか

なんか小麦粉より主食感がない、おかず的な食べ物です。

それにしても昔のわたしのこの米を小馬鹿にした感じは何なんでしょう。
許せません。中2病とは恐ろしい病気です。


わたしがここまで米に対する愛が強くなったのは
上海に行ってご飯を食べてからな気もします。

上海の米、まじで、おいしくない。

なんかパッソパソしてる。甘みもない。なんかスカッて感じ。
上海でお米を食べるたびに、「ああここに日本の米あったらもっとおいしい食卓になるのに」と
考えていました。

たぶんその憧れが知らぬ間にわたしの米への愛を増大させたのだろう。


日本の米はおいしいんだから、海外に参入させたりせず
日本の米をおいしく、大切に食べれる環境を
作っていきたいですよ。
日本の素敵な部分、もっと大切にしていきたいな。
農家のひとたちや、酪農のひとたちが安心しておしごとできる世の中をつくる。
頑張ろう日本ってそういうことじゃないの?と問いかけたい、午前4時・・・。





よん

2013年2月25日月曜日

月日流るる

今日、ふと自然に頭のなかに流れたメロディがありました。

その静かに入ってきた曲は

”3月9日”


でした。

わたしがこの曲を一番聞いたのは、
JKのブイブイ言わしてた(死語)頃です。

わたしはその頃、やばい。華のJKなのに、最近の曲知らない。と焦り、
現代化しようとヒットソングを聴き漁っていました。

そして卒業前。
感傷に浸って、卒業ソングばかり聞いた。
桜の花びらたち。最後の制服。10年桜。
現代化しようとは思いつつ、AKBの曲ばかりなのは筋金入りのキモオタだからです。
踊りながら「10年後にまた会おう!」ってやってました。
ああ、青春の日々。

そんなAKBだらけのわたしの頭のなかの卒業ソングたちのなかでひとつ特異なのが、
”3月9日”、です。
わたしがこれを知っているのは現代化計画のおかげです。
でなければわたしはAKB以外は
巣立ちの歌、蛍の光くらいしか知らないところでした。危なかった。

みんなでカラオケでうたう”3月9日”は、なんだかやさしいうたなのに、
帰り道ひとりで聞くと思わず泣いちゃうような、そんな気持ちだった気がします。


そんな思い出が、この時期になって自然にこのうたを思い出させました。
2月ももう終わり、卒業シーズンがやってくる。
春がやってくる。
この早すぎる月日の、節目。
でも大人になると、このうたを聴くころになったら切なくなってる場合じゃない。

確定申告や決算が待っているよね。

わたしは人生ではじめて確定申告出して!といわれ
とても戸惑っております。
わたしもう教わったことない数学のテストいきなり受けさせられるような気持ち。

税金と年金ワカラナイヨ。教えてほしいことナンバー1です。
ナンバー2はお料理タレントとは何かです。これはわたしの推しメンのこれからの職業です。
一体何を料理するってえのか・・・ワカラナイヨ。




よん

2013年2月24日日曜日

待望の!!

大好評”一秒就KO”・・・


いつでもあなたに安らぎをお届けする








待ち受けになって新登場です。

ぜひ使ってください。

「これを待ち受けにするだけでしあわせになるなんてそんなムシのいい話があるのかな?と
思ってたんですけど・・・
1週間これを使ったら、ほんとうにネガティブ思考とはおさらばできちゃって(笑)
あれだけネガティブだったわたしも、
ポジティブに考えることができるようになり毎日がたのしくなりました!」

という体験談も届いております。

きっといいことある。恥ずかしくないよう、一見オシャレな色目にしてみました。



・・・はい。
きっとわたし眠いんです。そうです全て眠気のせいです。
全部の責任を睡魔に負わせて
おやすみなさい。

しかし鬼束ちひろを聴きながらこれを作るわたしのネクラ感半端じゃありません。




よん

2013年2月23日土曜日

ありがたいお言葉



人間最も必要なのは愛嬌だとおもう。
いつでも笑顔でいられるひとは、ひとを幸せにするよね。

ガン細胞ですら殺せるんだからね、笑顔は。
ナチュラルキラー細胞なめちゃいけないよ。

というわけで、
かなしいときも、イライラするときも、
どんなときも
笑顔を忘れずに生きていこう。

そしたら大抵のことは何とかなる気がします。



別にあのー、あれですよ。セラピー入会したわけではないんですけど(都民向けのギリギリギャグ)

たぶんこれって毎日をたのしくする基本だと思うな。

いつも感謝とそして笑顔。



はー。
ありがたいですね。
よん先生のありがたいお言葉です(自称)。



よん

2013年2月22日金曜日

省エネ

「ブログ書こう!」と思ったときにッポーン!とネタが降りてくる日と
パソコンの前で佇んでしまう日があります。

今日は全力で後者なので

はい、困ったときの
”日語会話 日本語会話一秒で上手になる 一秒就KO”です。
省エネとか言うなおもしろいんだからしょうがないだろ!!!!


というわけで今日もタメになる日本語を
わたしと一緒にお勉強しましょう!!


A:私は先、一杯五百円のビーフ蕎麦を食べました。
B:神様!ここの物価は高すぎるでしょう!

お前どうして神様呼んだ。安い神様だな!
そしてまずビーフ蕎麦なんてものは日本にはないでしょう!


A:皆さん、了解できましたか。
B:ちんぷんかんぷんでーす。理解しにくい。

こいつ理解する気ゼロだぞ!!!!!!
そりゃあこんな教科書も出来るわけだよ!!!

A:あのう、昨夜ご主人がある女の人とアツアツするのを見たんだけど。
B:そんなことないよ。彼は一晩中家にずっといましたよ。

なんだろうこのそこはかとない狂気は。
「あのう」も「アツアツする」も「そんなことないよ」もまんべんなくおそろしいです。

下の例文の「私は自分で儲けているからお父さんのお金を盗まない」っていう娘にも
一発かましたいですね、ツッコミを。あなた自分で儲けてなかったら盗む気まんまんですね。

A:あっ、ごめんなさい。
B:痛いっす~~。そこで何しているんなよ。

この「痛いっす~~。」のゴリ推し。
作者は一体どこでこのアニメの雑魚キャラの口癖のような「痛いっす~~。」を聞いたのでしょうか。
ちなみにわたしは人生で1度たりとも聞いた覚えはございません。

A:あのう、君のファスナーが…
B:あ、気まずいよ。下着も見られた。

詳細説明どうもありがとう。
「あ、気まずいよ。」のもたらす気まずさまじ半端ないです。




はい。今日もたのしく日本語が1秒で学べたでしょうか。
やっぱりこの1秒の強欲感がすべての根幹な気がします。たまりません。


今日はこの本に頼りきりだったなー。お詫びに
いやボールをするってなんやねん。
教科書からドヤ感が溢れ出ていますが残念ながらボールはしません。




よん

2013年2月21日木曜日

本日のグルメ

昨日のケチャップスパ論争ですが
男性からの圧倒的な支持を目の当たりにしました。

やはりあいつの存在の裏には
支持者がいるわけです。

酢豚にパイナップル論争みたいなものです。
わたしは酢豚にパイナップル、嫌いじゃないですが
そこまで恨みますか!!ってくらい酢豚にパイナップルを忌み嫌うひともいますからね。


ひとの食生活、十人十色ということで。
本日もグルメなおはなしです。



この石焼いも屋のおっちゃんは
わたしの10年くらいのともだちです。

はじめておっちゃんと出会ったのは
わたしが中学生の頃の話でした。


学校からひとりで帰っていたところ、明らかに怪しいおっちゃんに呼び止められました。
明らかに怪しかったですがいい香りがしたので近寄ってみたところおっちゃんが一言






そうです。
わたしは知らぬ間におっちゃんのこころの中で行われた通行人の店番オーディションに
合格してしまっていたのです。
いもくれるなら・・・と受け取ってセブンイレブンに歩いていくおっちゃんを見送り、
トラックの前でぼ~っとおいしいいもをいただきました。

それからおっちゃんとわたしの友情ははじまりました。

いかんせん、通学路のみならずいも屋として駆け巡るおっちゃんと出会う出会う。
おっちゃんはいろんなところに現れます。
宮益坂、原宿、中目黒…「ここにも現れるのか!」と何度思ったことか。

そんなわけで定期的にいもだち(いもともだち)してたのですが、
2年ほど会えず…。
しかし、去年頃から最寄駅で会うようになりました。

おっちゃんはわたしのことを覚えてくれてて、
「初めて会ったの7年くらい前だよ!」って言ったら
「お互い年取ったねぇ」って言われたので
「同い年くらいの気持ちで語るのやめて」とつっこみました。


おっちゃんの芋はほんとうにおいしいので、
都内のみなさんは発見したらぜひたべてみてください。
おんなのこにやさしいので、おんなのこはぜひ甘えてみてください。
男子は諦めて買ってください。



よん

2013年2月20日水曜日

本日のつぶやき

こんばんは、グルメ野郎です。

グルメ野郎のわたくしが
どうしても納得できないことを発表します。


※グルメ野郎はグルメなのかワガママなのかとにかくうるせぇからこそグルメ”野郎”なので
そこはちょっとご了承ください。



それは。
わかりますか。
ケチャップスパゲッティです。
このとってつけたかのような
「まぁ彩り悪いモンにはとりあえず赤いれときゃいいよね!」的な
「う~ん何か間が余ったな…よしスパゲッティだ」的な
「作り置きしておきました!」的な
ケチャプスパゲッティです。

あのすくっただけでプチンと切れるやわらかさ。

ぞんざいな味。

あいつを見るだけでテンションだだ下がります。

あんなに、やる気のないおかずが他にあるでしょうか。
あいつにスペースを裂くくらいならポイとプチトマトを投げ置いてくれないだろうか。

もしあのスペースにプチトマト(アイコ)を置いてくれたらなら。


 もうよだれ出ちゃうよね。



グルメ野郎

2013年2月17日日曜日

ヘルプミー

うおおおおおおおおおおおおおお


何故か今日ずっと鼻がこそばくて鼻たれで
くしゃみが出ます何故だ何故だ何故なんだ…!!!!!



うおおおおおおおおおおおおお


頼む。風邪でいてくれ。風邪でいてくれ…!!!!!



はぁ~~~~!!!!!!


花粉症には…!!!

花粉症にはなりたくないんだ頼む…!頼むよ…!!!!


毎年春にはこそばい風邪をひいて
「まさか今年こそ…!?」 という思いに駆られては
一週間もせずに治っていてほっと一息だったのですが


今日の
このこそばゆさ

もうわたしはクレイジーメンです…。







ヘルプミー。


よん

2013年2月16日土曜日

カレーDD

うちのお父様の事務所のそばに
米原家が気に入っているカレー屋さんがありました。

そこはtwitterで一躍有名になったビカス(@daisuki_vikas)が経営する
ネパール料理屋「だいすき日本」の二号店で、
我が家はだいすきだったのですが昨年惜しまれながら閉店…

そしてその跡地にすぐに

という感じで新しく「インディアンダイニング カルカ」がオープンしました。


だって最初、トイレにネパールのポスター貼ってあったからね。
お前はインドだろ!!!!!
そのユルさがたまんない。
インド人の店員さんが「辛さどうしますか?ふちゅーでいいですか?」と
慣れない日本語で話してくれる様がとても愛らしいうえ
味もおいしいしお手頃な値段で気に入っているのです…
我が家がカレーDD(DD:アイドル用語、「誰でも大好き」・この場合カレー屋ならなんでもいいんだろお前ええそうですよという意味)の疑いがあるのは事実である。



が。




何故だ。何故なんだ。
原宿民よ。いや東京都民、集えよ。
ここも閉店してしまったら哀しいじゃないか。

わたしに出来ることは
ここに書く、それだけ…




みんな。

みんなもっとカレー食おうぜ!!!!!!!!



ちなみにここでのオススメは
あんこチーズナンです。
あんバター的なおいしさがあるんだな!
ぜひみんなカレー食べてください。

無愛想な彼らを笑顔にさせるその日まで。



よん

2013年2月14日木曜日

はぴばれ

みなさん・・・






そう今日は…うれしはずかしバレンタインです!!!!

はぁ~学生のころはたのしかったなぁ~。
業者か!!ってほどたくさん我が家伝統のクッキーを作って
でっかい紙袋に陳列して割れないように学校に持っていって配ったもんですよ…。
そして帰るときその紙袋は家を出るときと同じくらいの量の
他人からのもらいものでいっぱいになっていたもんですよ…。

あの無差別友チョコ感は今後もう体験できないんだろうなぁ~。

小学生のなんか「いちごに湯煎したチョコかけただけですが何か!!」とか
「はいこれマシュマロですそれが何か!!」とかあの感じもそれはそれでたのしかったなぁ~。
わたしの友達が逃げるおとこのこのランドセルに無理やり本命チョコを詰め込んでたなぁ~。
わたしが「おんなって怖え」って思ってるのはもしかしたら
あいつのせいかもしれないなぁ~。

中学時代は、信じられないくらい料理ができない友達がいて
なんだかよくわからないお菓子を作ってきてくれたなぁ~。
ほんとうに「この失敗漫画で見たよ!!!」っていうくらいの失敗だったなぁ~。
ブラウニー、どろどろだったなぁ~。

今日電車に乗るときにキャピキャピした女子高生をみて
なんだか甘酸っぱい気持ちになったなぁ~。



制服を脱いだらバレンタインに対する熱意は
ほとんど残らなかったなぁ~。



さておばちゃんは
お茶でも飲むとしようかな。


よん・59歳

2013年2月12日火曜日

中国の空気について

北京の空気は確かに汚いっていうけど、上海の空気もこんなに汚い汚い言うほど汚いの?
ニュースの「重度汚染」っていう情報に踊らされてるだけなんじゃないの?
病は気から的な状態なのでは?


その疑問に
上海歴2週間(しょぼい)のわたしがお答えしましょう・・・




これは割と空気がいい日の
ビル8階から見渡す街並みでございます
上海が誇る東方明珠塔が奥に見えますね!ドンファーミンジューターです。
なんか収まり悪いので日本語で言うなら「上海タワー」でいいとおもう、東方明珠塔です。 

これは濁りきった日の
ビル8階から見渡す街並みでございます
あれ・・・ない!!?
东方明珠塔が消えただと…!?
いくらズームしてもその姿見えやしないだろう…

そうです汚い空気は
まちのシンボルでさえ抹消してしまうのです


次にこちらをみてください
この霧にまみれる摩天楼・・・

間違いなく魔物がいる。
ボス戦の予感が半端じゃありません。
こうなってくるとこの手前の変な形の建物もセーブポイントに見えてきます。

そういうわけで、上海にはちょくちょく魔物棲んでました。
基本的に毒状態なので、1日外歩くともう喉をやられます。

北京はこれを上回る魔窟かと思うと、身震いがするぜ。


このままじゃこれから生まれてくる子たちに申し訳が立たない。
いま、何が出来るんだろう?



よん

2013年2月11日月曜日

おみやげ

ただいまですーーーーー!!!!!!!
いやー、素晴らしいですね。遥か向こうまで見渡せる澄んだ空気というのは・・・!
昨日の元旦を迎えた上海なんて、花火のしすぎて道路の先が霞んで見えましたよ。


今日は
上海で買ってきたとっておきのおみやげを、
みなさんに紹介しようと思います。

”日語会話 日本語会話一秒で上手になる 一秒就KO”

一秒で上手になるとはまた大きく出ました。
しかしこの下にある3つの例文を見てください。
左から見ていきましょう。

生活の会話「うらやましい!」
旅行の会話「チェックインしたいんです。」
買い物の会話「ため、試してみてもいいですか。」

どうした落ち着け!
表紙から期待が高まります。


中の例文を紹介しましょう。

A.今日の新聞をもらえませんか。
B.はい、みもろください。

この本を教科書に使うことの危険性が一発でわかりますね!
元の言葉がなんだったのかわからないほどの豊かな発想に感動すら覚えます!


A.何をやってるんですか。このスープの中にごきぶりが入ってますよ。
B.そうですか。ちょっと見ます。

大事件だよ!!!!!!!!
なのにこの店員の冷静っぷりといったら。日本語訳だけかと思いきや原文でも
客のあわてっぷりに対して「ほんと?ちょっと見てみるね」くらいの軽さ。

あまりのクオリティに開いた口が塞がりません。

A.すみません。外国へ手紙を出すのはいくらですか。
B.すみません。よく分かりません。

間違えて店員じゃないひとに訊いちゃったのかな?これは・・・
いずれにせよこの例文に一体何の価値があるというのか。

A.私って、失業だし、愛人もいないし、死んじゃおうかな~。
B.どうしてそう思うの。まだ両親に愛されているじゃない。

このレベルまで来るともうどうツッコんでいいか分かりません。
死んじゃおうかな~。じゃないよ!
あんたどんな日本語覚えさせようとしてるんだよ!!!

A.危ない。こっちに来ないで。
B.私は母と一緒になりたい。

本当に危ない!!!!
この例文からは事件の香りがプンプンしますね!!!!




というわけで、まだまだまだまだたくさんツッコみどころがあって紹介しきれない
”日語会話 日本語会話一秒で上手になる 一秒就KO”
一秒で上手になれたでしょうか。

実はCDもついているんですが、怖くて聞く気が起きません。
240分もこのCDを聞いた暁にはどんな日本語が出来上がるでしょうか。

本だけでもこんなにひどいのに・・・
ボクちせんも気になるけど、このわざとらしい「道に迷ったなぁ~。」も
なかなか気になる存在です。



とにかくわたしはそれでもひたすら一秒を推してくる
この本の作者を問いただしてやりたい気持ちでいっぱいだ。





よん

2013年2月10日日曜日

おつかれさま日記


こんばんわ!!!!
わたしはあと4時間で飛行機に向かわねばならないため
寝るのか。寝ないのか。それが問題だ。なうです。

たぶん記事があがる(中国ではgoogleが使えないため、代わりにあげてもらってる)のは
わたしが日本に着いた頃になるだろうが
とにかく今は上海深夜1時なんだ。

長いようで短かった2週間がいよいよ終わりを迎えました・・・。
道は凸凹してて10分歩くだけで疲れるし
トイレの紙は流しちゃいけないし公共のトイレは基本的に汚いし
空気汚くてメガネも汚れるの早いし
ありがたいけどもうお腹爆裂しちゃうよ!!ってくらい食べさせられるし
たった2週間だ けどへたれなわたしはたのしみながらも正直どこかで日本恋しかった。
そういうホームシック状態のことを中国語で「想家」といいます。まじシャンジャー。

だけど今日、外灘の川沿いを歩いて夜景を見ていたら
どうしてだろうこの日々がとても大切に思えたんだtonight!!!!!




そして新年を迎え、バンバン打ちあがる花火を見て
わたしは最終日を元旦に迎えられたことをしあわせに思いました・・・。
わたしのなかで勝手に「おつかれさま花火」ということにしました。


いろんなひとがいる。
いろんな価値観がある。
何かをしたときに、いろんなことを言われるかもしれ ない。
でもやらなくちゃ何も始まらない。
やらない後悔より、やる後悔。
(こころのポエムより抜粋)


というわけであした日本に帰ります。記事が上がる頃には今日だけど
私はいま新年を迎えたばかりで未だに爆竹が鳴ってる上海深夜1時にいるんだ!!!!

やっぱりちょっと中国で「日本人です」って言うことにためらう自分がいた。
もっと胸を張って「日本人です」って言えるような日本にしていきたいね。
人類仲良くしてほしいです。



・・・一言いいですか。







2013年2月8日金曜日

2週間のバトルの末

上海に来て2週間・・・
へっぽこなわたしもいくらか逞しくなりました・・・。

物を値切ったり
エスカレーターが動いていることをあたりまえと思わなくなったり(階段代わりにすること多い)
マイナス2度に耐えたり(雪も降ってる)
ビルの8階から東方明珠塔が見えるか見えないかでその日の空気汚染度を測れるようになったり
春節(旧正月)が近づいて閉まってる店が多くても耐えたり
さっきからずっと春節にはしゃぎまくったひとたちが
花火をぶちあげてる音が聞こえてきてても気にしないフリをしたり

いやー。逞しくなったな。
何度も食べすぎを経て
正直ムキムキです。






嘘です。


人民広場というちょっとにぎわってるところでは物乞いのひとが大変多く
来福士というデパートの地下で食べ物を食べてたりすると
「おい!金くれよ!」と言ってきたりするのですが
クールに無視を決め込みながらも
内心心臓爆裂(漢字多いけど中国語じゃないよ!)しそうです。

いやー。海外行くと、大抵物乞いのひとがいる。
なんで日本にはいないんだろう?わたしはいつも考える。

どこにいっても、物乞いのひとはいる。
土下座しながら大声を出し続けて、お金を乞うひとがいる。
なんで日本にはいないんだろう?

わたしはもしかして物を乞うということが法律で禁じられているのかと思いましたが
どうやらそう ではないらしく

日本新華僑報http://japanese.china.org.cn/ によると、
日本のホームレスはほんとうにお金がないひとたちというよりは、
日本の社会や人間関係に疲れてしまったひとが多いからなんだと。

海外のホームレスとは、ホームレスに至るまでの理由が違うかららしい。

あと、日本は賞味期限の切れたものをきれいなまま捨てるから
それで食べ凌いでいけるから。とか・・・

うーん。

海外のひとは、物乞いのひとがいたらお金をあげるひとって珍しくない。
若いひとでも、軽い気持ちでお金をあげたりする。
でも日本に物乞いのひとがいたところで日本のひとは果たしてお金をあげるだろうか。

「物を乞う」ということに対して恥ずかしがる精神。
他人に興味がな い性質。

最近多発するイジメ問題もそうだし、
アイドルに関する扱いもそうだけど、
もしかしたら日本は、弱いものを救済するシステムがないのでは?

わたしはこの問題に直面するとき、日本人という現象を客観的にみれるような気がします。





ちょっとシリアスな話になってしまったので、
今日買った2枚で10元(約150円)のパンツを紹介します。







まず目に入りました。
「女の子は き わ い 好き」
何を言うてんねん。
わたしは思わず買うことを決意しました。

もう一枚何を買おうかとぺらりとパンツの束をめくると、右のパンツが現れました。
「最もよい選択」

祝福されたと感じたわたしは、デザ インに疑問を抱きながらも
そのパンツを買わざるを得なかったのでした・・・

エセ日本語、たまらん。

ただかつて台湾で買ったパンツの札に書いてった「にるだげご」を越える日本語は
なかなか現れません。



よん



2013年2月6日水曜日

パッツパツ女子


これはわたしの周りのやさしい上海のみなさまとわたしの
戦いの記録である・・・






















そうしてわたしの戦いは幕を落とされ、

はや1週間越え・・・
もはや完敗なわたくし・・・・

わたしは上海に来る前より重量1.5倍増(推定)でお送りしております。



1.5倍とか盛ってるなー!こいつ盛ってるなー!!と思うでしょ?
ちゃうねん。もう、お腹パッツパツやねん。
体育座りすると、弾けそうやねん・・・・・・

なんかちょっと余すくらいがいいおもてなしという文化らしいですね?こちらは。
貧乏性のわたしは残したくないし
やはり食べるのが礼儀だと思うから、
せめぎあいやねん・・・パッツパツやねん・・・・・・。

ああ・・・。かつてないほどのパツパツ感に
わたしはどう立ち向かえばいいのか考え中です。

たべものをたべれるということは、幸せなことです。
ええ、確かに。
でも
でも・・・。

わたし今パッツパツやねん。




よん
よん

(↑てんぱり中)