2014年5月31日土曜日

挑戦

ついに…ついに導入してしまったんだ。
釜。


三重県は四日市から現れた萬古釜を!!!
ついに導入してしまったんだ!!!!

ずっと憧れてたんだよね。
ふわふわの蒸気の中から現れるつやつやのお米…おこげ…。


釜なのでいろいろお手入れが必要で、
まず小麦粉を溶いた水を沸騰させて釜の壁をコーティングしたりとか
わくわくしながらそんな作業をして…。

いざ。
米を炊いてみたんですよ。


①強火
②沸騰(ポコポコという音がします)したら弱火で10分
③10分蒸す

説明書にこう書いてあったから、
わたしは強火にしてポコポコという沸騰音がなるのを待ってたんだよね。

おいしそうな鯵のお刺身と…
きのこの味噌汁と…
我が相棒とろろを用意して…

じっと待ってたんだ。


…なかなか鳴らないなー、鳴らないなーと思ってたんだよね。

いつまで経ってもポコポコは聞こえず

鳴り出したのは火災警報器でした。


もう…弱火の工程をすっ飛ばして蒸らすしか
わたしには残されていなかったんだ…。

それでできたのがこれです。

わぁ!見てくださいこの一面のおこげ!!!!(号泣)


さすが火災警報器が鳴り出すだけあって
満点のこげ臭さです。

上のところはそんなに焦げてないと思ったのですが
こげ臭の蒸気で満ちてたので抜群のこげ味。

でも…でもこげ味を無視すればおいしかった!!!!
え?負け惜しみじゃないから!!!おいしかったもん!!!!


次は絶対に成功してやる…!
そしてみんなに「釜っていいなぁ」って思わせてやるんだ!!!!!




わたしの挑戦は続く―――

こげた部分のお米に対しては本当にごめんなさいと思っている。
同じ過ちは二度と繰り返さない。



よん

主張

今日街を歩いていたら、献血のトラックがいたんだよね。
オールウェイズ貧血寄りのわたしには縁のないトラックだ。

「今日も人を救ってるんだなぁ」と思って
眺めていたんだけど。

「緊急 A型O型 不足」
いつ見ても不足してますね。
今日ブログを見た健康なA型とO型の方。献血行きましょう!
不健康なひと。健康になりましょう!
血抜かれるのが苦手なひと。仕方ないから献血を応援だ!

ちなみにわたしは不健康な血を抜かれるのが苦手なひとです。
救いようがない。
採血でいつも看護婦さんを困らせる系女子。

「大丈夫 痛いのは 最初だけ」
そこはかとない悪者感を感じてしまうのはわたしだけだろうか。
「ちょっとチクっとするよ~」なら受け止められるのに
「大丈夫大丈夫痛いのは最初だけだから」になるとなんかその裏でニヤリと笑われてる気持ちになる。
いやここはむしろ「痛くない」とは言わない素直さに感動するべきなのか…


「献血で 愛と勇気の お・も・て・な・し」コラが雑すぎるだろ!!!!!
この献血という医療のものをテーマにしたキャラクターに対して
あまりに非人道的な仕打ち!!!!!
けんけつちゃんはこんなコラされるために生まれてきたんじゃないんだよ!!!!


ポスターでこんなにはっちゃけてるんだから
きっとトラックの中は楽しいよ。

みんなレッツ献血だ!(他人事)




よん

2014年5月29日木曜日

コンプレックス

今日は先日お誕生日を迎えたうちの父親の
宣伝をしたいと思います。

とは言っても仕事の宣伝ではありません。

マスコットキャラクターとしての彼についてです。

27日に行われた誕生日会で、
hy4_4yhのおふたりがバンドじゃないもん!の桃子ちゃんに
「ヨネちゃんのチャームポイントは?」って訊いたときに
「え~~~と…きゃ、キャップ?」と答えに窮していたので
わたしが教えてあげたい。

中国版twitter『weibo』でフォロワー212万人を突破したよ!わたしの父親カメラマン&編集者米原康正のかわいいところトップ2。
1・誰にもマネできないお顔4個分の体
仕事柄モデルと一緒にいることも多いが、同じ生き物かと疑いたくなる。
屈伸がしやすそう。遠くからでもすぐわかるよ。


2・こぼれおちそうなほっぺ
懐かしのたれぱんだのようなかわいいほっぺです。


そんなおもちゃみたいなおじちゃんがおもちゃみたいなカメラチェキを操ってるという面白さを…
少しでも多くの人が分かってくれることを願っています…。



よん

2014年5月26日月曜日

一見さんお断りの世界~東をどり~

昨日は久しぶりにフィーバーしました(※熱のほうです)

今日は復活したので
友達が出演している東をどり見てきました。

東をどり――それは大正の頃から続く新橋花柳界の文化遊び――

公式サイトから文章を抜粋すると
今の東をどり、5月の4日間、一見お断り花柳界の門が開きます。そこには日本の料理に芸能、書画、工芸、華道、茶道、建築まで日本の時が育む文化が在ります。
どこか、自信を無くしている日本人、国の文化にそれを取り戻すきっかけがあると思います。演舞場を料亭に見立て、文化を遊ぶときが東をどり。難しいことはさて置いて、芸者の踊りに綺麗を観て、料亭の味を楽しむ。それは忘れかけた日本を取り戻す文化の入口と思っております。

東をどりとはつまり
人々が忘れられし日本なんですね。

そんな日本を取り戻すために
わたしが向かったのは新橋演舞場…

一歩踏み入れると
そこらかしこに着物の方々が。

そうだ…これが日本のオールドスタンダードだ…。

会場は売店などで大変にぎわってます。
和装小物売場、お食事処、さ・か・す(酒、菓子、鮨)売場、日本酒の枡売り、泡酒(ドンペリ)処など
通常の劇場では到底見ないような売場がたくさん。

それは普段芸者さんが料亭でやってる一見さんお断りのおもてなしを、
門を開いて演舞場で多くのひとに披露しようというものだからなんですね。

だから芸者の踊りとともに、料亭のお味やお酒も楽しむことができるんです。

おっと。
2階へ続くエスカレーターのそばにはこんな看板がありますね。

お茶席…?
張り切って上の階へと参りましょう。
「点茶席」を覗いてみると、奥にはお茶を立てる芸者さんが!

中では
かわいらしい小箱に入ったお饅頭と
綺麗な器に入った濃ゆいお抹茶がいただけるんですね。

点茶席は人気ですぐ満員になってしまうので
客席は終始ざわざわしているのですが
畳の上は切り取ったように静謐な空気が流れています。

神聖な儀式を見るよう。

うっとりしちゃいますね。


休憩時間うろうろしていると
通りすがるきれいなきれいな芸者さんがひとり…。

撮ってもらっちゃった♡

透明感が…。
なんか写真では伝わり切らないオーラがあって
圧倒的だったなー。

外人さんも彼女と写真を撮って喜んでました。

これが…これがJAPANESE TRADITIONAL おもてなしSTYLEやで!!!!!!

無駄にわたしが誇ってみました。(こころの中で)



会場の話ばかりしてしまいましたが、
それではいよいよ「東をどり」のお話に移りましょう。
全くのド素人が見る、東をどりとは。


”にっぽんの四季”をテーマにした構成された今年の「東をどり」。
「日本舞踊なんて過去の文化でしょ?」と思うひとにこそ見るべき。
桜が散り、水が舞い、月が浮かび、
時には男子が女子に求愛してみたり…
そんな、”日本の日常の傍らにあるもの”がテンポ良く表現されていて、
舞台にくぎ付けになっちゃう。
芸者さんがセリから登場しリズミカルに舞台が反転するのを見たら、
「なんて新しいんだ」って思うはず。
桜が散り、水が舞い、月が浮かび、って表現かと思うかもしれないけど、
ほんとに桜(紙ふぶき)が散って、水(リアル)が舞って、月(照明)が浮かんでるんだよ!!!
とても世俗的に例えるのならばディズニーランドの”イッツアスモールワールド”的な、
確かに分からないところもあるけど、その美しさや世界観、空気に圧倒されちゃうような、
時々捕まえられる唄の「言葉」をヒントに紐解いていけるような
贅沢がそこにあります。


今年はもう終わってしまったけど
来年もまた開かれる「東をどり」。
皆さんも一年に一度開かれる花柳界の門を、
ぜひ次こそ覗いてみてはいかがでしょうか??



よん

2014年5月24日土曜日

うさこのNewsナナメ読みっ 第一回

本日も気になったニュースをお届けします。
題して…


本日のニュースはこちらです。

8月11日「山の日」 再来年から祝日に


まぁ…内容はそのままなんですけど
「山の恵みに感謝する祝日」が制定されたということですが

既にどう考えても8月11日ってお盆休みなんだよね。
学生は夏休み。

休める人は既に休んでるし、
休めない人は休日と改めて決められたところで休めないだろうし、
この新しく制定された休みに一体なんの意味があるのか…

ただ「山の日できました!」ってだけじゃ
「母の日があるなら父の日も作らなきゃ!」って企業の策略でなんだか増やされちゃった父の日のように
「海の日もあるなら山の日も作っとこう」ってノリでできたようにしか思えない。

確かに山は大事だよ。
山の恵み大事だよ。
それでその祝日にしてどう過ごさせる気なのか…

大変わたくしは疑問に思っております。



よん

2014年5月22日木曜日

アンチカラコン協会(非公認)のおたより

こんなニュースにわたしは出会ってしまった。
若い女子に伝えたい。

こんなときこそあれだよ。
【拡散希望】だよ。

そのニュースがこちらです。

カラーコンタクトで目に傷 相談が増加

カラコンとはなんぞという方にざっくり説明いたしますと
通常視力を助けるものであるコンタクトに色がついてて
眼球にメイクができるというシステムです。
そうです。現代人は眼球にまでメイクを施すようになったんです。

しかし眼球は弱い部分なので
ちゃんと理解しないでやるとこういう事態が起こってしまうというわけですね。

もうあれだ。
カラコンやめよう!!!
カラコンやめよう!!!!

大事なことなので2回言いました。


アンチカラコン協会(非公認)のわたしとしてみれば
予測してた事態だよ!!!!
案の定だよ!!!

カラーコンタクトの何が悪いか?
それは①酸素を通しにくい性質を持ち、②着色する危険性を持つからです。

そして何よりわたしは思う。
不自然。

これが普通の目とカラコンの目の違いです(※当社比)


まぁ一口にカラコンと言えどいろいろあるのは
こちらアンチカラコン協会のわたくしも重々わかっているのですが

特におめめを大きく見せたいタイプの黒カラコンは
なんかねー、深い洞窟のような瞳なんだよね。
虚無!みたいな。吸い込んで生贄にされそうで見てられない。

「お人形のような大きい目」という憧れがそうさせているんだろうけど
考えてみて。
お人形って結構怖いものだよ。
例えば暗闇の中でおめめがくりくりした人形と遭遇したら…とか考えてみると
結構ぞっとするでしょ。



ね。
だよね。

やっぱり人形や作りものとは違う人間だからこその美しさってあると思うし
何よりオレは女の子たちには自分を大事にしてほしい、って思うな…。


全てわかったうえでそっちを選ぶ覚悟っていうのはそれはそれで
違う美しさもあると思うけどね。


以上おじさんの戯言でした。



ヨン・キモオタ

2014年5月21日水曜日

場所×人

ある特定の地域についてネットで調べると
「治安が悪い」って言ってる人もいれば
「ハァ?治安いいですけど?」って言ってる人もいて
日々論争が起こってるわけですよ。

わたしはいつも「まぁそんな治安がいい悪いでもめなくても」と、
のんきに思ってたんですね。


しかし今日。
自分の愛してやまない生まれ育ってきた地を
あたかも「人間の住むところじゃない(笑)」レベルで酷評されてるのを見てね…


激怒だよね。


ついに「治安悪い」と言われて、反論する心を理解してしまいました…。
デビューです。治安いいもんデビューです。
おめー絶対住んだことねーだろ!!ってやつがさ、
ドヤ顔で何も知らないよそのひとに
「ここは悪いところです」って…

「町中が荒んでる」だの「outlaw」だの「アル中ばっかり」だの「発砲事件は当たり前」だの「歩くのも怖い」だの「運転が凄い」だの
好き勝手言いやがって…!!!!

発砲事件当たり前って…
ねえわ!!!!
東京にねえわそんなとこ!!!!

どんな映画見て育ってきたらそんな認識になるんだよ!!!!!!!

おまえありったけの悪口並べてるだけだろ!!!!!

もうそんなん日本じゃないよ!!全国民を震撼させるよ!!!



ただね、東京に対するマイナスイメージがある人もやっぱりいると思うんですよ。

「東京のひとは冷たい」とかね。
いやそんなことないから!意外に!
電車で終電まで寝てたら起こしてくれるし、道も教えてくれるよ!!
確かにラッシュ時の電車とかはみんなどこに心失くしてきたの?ってくらい殺伐としてるときもあるけど
それみんな疲れてるだけだから!!
ほんとはやさしいから!!!!

その地を知らないで外からぐちゃぐちゃ言うのはほんとに愚の骨頂だと
わたくし思いました。

気になるなら行ってみる。体感する。
情報に惑わされない。


情報が氾濫する現代社会において、最も大切なことだと思います。




よん

2014年5月19日月曜日

かけがえのない

昨日の朝…
わたしたち一家は神戸のホテルにいたんだ。

朝目覚めて、ごはんを食べて、
それぞれシャワーに入って…。
わたしはきっとテンションが上がっていたんだよね。

何を思ったのか
ベッドの上に立ち上がった瞬間

意外に低かった天井に頭を強打。

激痛が走りましたが
そこまではよかったんだ…

垂れ流れた謎の鼻血(微量)。


よく…聞くじゃないですか。
頭ぶつけて、元気かと思ったら急変してそのまま…とか…。

昨日一日そんなマイナス思考が渦巻いて
こわくてこわくてずっと泣きそうでした。
半ベソ太郎でした。

でも今こうして元気にブログ描けてるんで
ほんと生命ありがとう。

思い出したら傷が疼いてきたので
さっさと忘れて寝るとしよう、夜だもの。




よん

2014年5月18日日曜日

文明と成長

みなさんこんにちは。
2日も明けてしまいました。
責めてください。
今日も訳あって携帯で更新です。
叩いてください。

うそです。
やさしくしてください。

なぜこんな不思議なテンションなのかというと、
一日中歩き回っておつかれうさこちゃんだからです。
スマートフォンで出来る精一杯のイラストを披露しました。
スマートフォンでイラストを描くと、
ペンタブがないけどパソコンでイラストを描きたくてマウスで描いていたかつての日々を思い出します。
カチャカチャクリックしながら、がんばってイラストを描いていたあの頃…でも意外なもので、毎日マウスと戯れてればマウスでもそれなりの絵が描けるようになるんだよね…

成長って、不思議だね…。



よん

2014年5月15日木曜日

夏来たる

知ってますかみなさん。

5月15日になりました。


GWなんてするーっと通り過ぎて
もう夏がやってきます!!!


ということで!!!!


夏用壁紙つくったよ。



わたし夏嫌いだけど、そんなひとでも
夏ってたのしそう!って思ってもらえるようにと思ってつくりましてん。



夏に向けての抱負は干からびないことです。
毎年乾燥うさこになりかけてます。




以上です。




よん

2014年5月14日水曜日

釣り

最近ともだちとパソコンのフリーゲームを嗜む会を時々開いているのですが。


しばらく追ってくる悪者から逃げる脱出ゲームをやっていて
謎解きや鬼ごっこに疲れたから
もう何も考えなくていい頭ゆるめの恋愛ゲームをやろうっていってね。

ただただイケメンから甘い言葉をかけられるゲームをダウンロードしたわけですよ。

『全編フルボイス!ヘッドフォンでのプレイがオススメ☆』とのこと。
へえーフルボイスかーなんていいながら始めたんだよね。

「…疲れてるの?」
「僕にとっての幸せは君が笑ってること」
みたいな歯が浮きそうなセリフを投げかけられて
ふたりして「頭ゆるむね~!」って言って笑ってたんだ。


あの時までは。



途中から、遠くでなんか聞こえるんだよね。
「あれ?なんか聞こえるね」って言って。

徐々にその声が大きくなってくるんだよね。

「…これ、女の人の笑い声じゃない…?」

気付いた時には画面に文字が浮かび上がったんだ。
何の脈絡もなく浮かび上がる「うふふ…」


ゲームからの逃亡。



まじで怖くてむかついたので速攻消してやりました。
まじで怖かったのでゴミ箱に入れて即ゴミ箱を空にしてやりました。



これがネット社会でいう「釣られた」ですね。
悔しい気持ちでいっぱいです。

ただ頭がゆるみそうな甘い言葉をかけられたかっただけなのに…!



よん

2014年5月13日火曜日

誤字っちゃお

これがマンションの入口に貼ってあったんだけど…

おかしいところにお気付きだろうか?




「驚いて怪我等を、されたりしない様に」

この怪我をする心配までしてしまう心配り…に目がいくですけど
もっと大変なところがおかしいです。



「消化訓練・非難訓練」

どっちも間違ってるゥウウウーーーーー!!!!!!

お前は何をする気やねんと疑いたくなる誤字っぷり。




こうなってきちゃうよね。

日本語って、むずかしいよね。
ちょっとどっちも間違ってたからついついはしゃいじゃった。
ごめんね管理人さん。



よん

2014年5月11日日曜日

RESET

最近の照りつける太陽には
夏を感じますね。

夏を迎える準備として、
わたしはあることを済ませました。


それは
網戸の掃除です。


実は埃が溜まっている網戸。
窓を開けることが増えるシーズンになる前に、
キレイにしておこう☆ということで

掃除しようと思ったんですが
「網戸の掃除って、結構周りがビシャビシャになるんでしょ?」って?
今はこんな便利なものがあるんです!(通販ノリ)

100均で買ってきました。


これがね。
すごいよ。





白いシートは真っ黒に染まり
ポロポロと取れる埃…。

「今までこの網戸を経由して部屋に届いた風はもはや薄汚れた風だったのでは」と
疑いたくなるほどの禍々しさです。


外の世界の穢れ(けがれ)を一身に浴びてきた網戸を、
夏が来る前に、そっとやさしさで包み込んでリセット。


それって、実は結構大事かも。




よん

2014年5月10日土曜日

天使の御心

今日…日中わたしがツレと歩いていたときの出来事だ…。

何者かの「お願いしまーす!」の明るい声と共に、何かの袋を手渡されたわたしのツレ…



その袋が何故かバケツリレー方式でわたしに回ってきたので
一体何なのかと思って調査してみたんだ…

『5月12日は看護の日』

どうやら看護の日を世に知らしめるための袋らしい…。

…ということはこの明るい声の主は…!



白衣の天使でした。



わたしも天使の言葉を伝える使徒となって
世に看護の日を広めるお手伝いをしようではないか…!

―看護の日とは―
21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、
広く国民が分かち合うことが必要です。
このことを、老若男女を問わずだれでも認識するきっかけになるように、
フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日が「看護の日」に制定されました。


「『看護の日』って言っても、周りにけが人とかいないし関係ない」とかじゃないんです。
看護の日は御心なのです。
もう明後日に迫った5月12日…せっかくの看護の日です。
みなさんも天使のように過ごしてみませんか。


ちなみにわたしがこんなに張り切って宣伝するのは白衣の天使が天使だったからではなく
袋に入っていた品物がちょっと豪華だったからというのは言わない約束です。
クリアファイル、ばんそうこう、ウェットティッシュ、3色ボールペン、蛍光ペン2色、メモ帳、ピンバッチ…。
純粋にうれしい…。


しかし

物に釣られてる時点で天使もへったくれもなかった。




よん

2014年5月9日金曜日

決別

昨日、ずっと売ろう売ろうと思って部屋にどっしり鎮座していたマンガと文庫14点を
ブックオフに持って行ったんだよね。

売れました。


150円。





「たかが150円しかもらえないのか」と思うひともいるかもしれません。


でもわたしはその150円をもらって、思い出したのです。


「このマンガと文庫を手離そう」と決めたあの時。
「手離そうと決めてからずっと部屋に温存してたけど、さすがに売ろう」と決めたあの時。
「お金にならないかもしれないけど…」とダメ元ながら重い思いをしながら運んだ道中。(雨は演出です)

そしたらその150円が…たった150円だけど、ものすごいかけがえのない150円だって
気付いたんだよね…。




まぁ財布にいれたらどれがその150円かわからないんですけどね。



大事に交通費として使わせていただきました。

部屋からいらないものもなくなって150円ももらえるなんて
なんてしあわせの連鎖なんでしょう!

ありがとう ブックオフ。




よん

2014年5月8日木曜日

人類の戦い

帰ってきました。

何がって?

中身のないブログです。


ものすごく情報量の多いブログが続いた気がするのですが
今日はいつものゆるみきったブログをお届けしようと思います。




最近(ここ5年くらい)、
時間経つのが早すぎて毎日泣きそうな日々を送ってるんだけど
やっぱりその隣にはあいつがいるんだよね。


またお前か…!!!(プライバシー保護のために顔を一部隠させていただいてます)


  
あいつはね。
なかよくしてくるように見せて実は
人間を乗っ取ろうとしているんだよね。

だからわたしは高らかに宣言するよ。

スマホ離れする…!


『マドモワゼルうさこの恋愛相談室』っていうすごいタメになるコラムの
今週の相談見ててスマホについていろいろ考えちゃった。


そしてあいつは人の時間を吸う生き物なんだって思いました。

共存はいいですよ。
でも、乗っ取られちゃだめなんだ。

みなさんもあいつに乗っ取られないように
うまく使いこなしてくださいね。



よん

2014年5月7日水曜日

渋谷のいぶくろ。

NeoLで新しくはじまっためちゃくちゃよだれ垂れる連載『季節のいぶくろ。』
わたくしシェフとソムリエのおふたりをうさぎ化させていただきました。
みなさまもぜひご覧になって、よだれ垂らしてください。
そして旬のおいしさをいただいてください。

うさぎ化させていただくにあたって、
渋谷の文化村の方にあるおふたりのお店『bed』におじゃましました。

そこでの時間がいかに至福の時間だったか…
それを今から綴るよ。

※あまりに素晴らしすぎてちょっと吟遊詩人化してるところがありますのでお気を付けください。


『bed』。
それはバーとレストランが半分半分で出来た全席カウンターのアットホームなお店。
階段を昇って二重の扉を開けると…
おっと?
なにやらワインを持った男性が鏡に映っていますね…!


中に入ると…!
 ドリンクを作りし男性と
お肉を切りし男性が…

そうですこの方たちが
今回わたくしがうさぎ化させていただいた
ソムリエの宮地さんとシェフの宮田さんです。

座ってみるとなんでしょうこの
渋谷だということを忘れるような落ち着いた空間…。

バーかレストランかどちらかに比重が寄っているお店がほとんどの中、
bedはバーが半分、レストランが半分。
なぜかというとお客さんが欲しいといったものを極力出してあげたいという願いから。
ドリンクもお食事も、お客さんがほしいものを出して
快適な時間を過ごせる空間を作る。
そういった店にするために、5:5の形になったそうです。
自分の家のリビングにいるような感覚でbedにいてほしい、と
おふたりはおっしゃってました。

そこで食べるお料理とは。

まずはこちら。
宮地さんに「甘くて炭酸じゃないのがいいです」という
ざっくりした注文で作っていただいたお飲み物は、
白ワインとカシスとワインにするぶどうで作られたジュースのネオ・キール(命名:わたし)。
すっと口の中を通り過ぎていくさっぱりした甘み…。
しっかり甘いのに、すっきりしてるので口に残らずお食事の邪魔になりません。

そしてこのパンね。
みんなふつうのパンだと思うじゃん?
違うんだよね…。
フォカッチャと、いちじくとくるみのパンなのですが
自家製です。手作りです。愛情込めた手作りです。
さらに横にあるココットに入ってるのがなんだっていう話ですよ。
バターだと思うじゃん?
違うんだよね…。

トリュフバターなんだよね!!!!!

口に入れた瞬間、ぶわぁって広がるトリュフの香り…
少しつけただけでも、もう芳醇!!って感じの香りが広がります。
なんか無敵になった気分。

ちなみにトリュフバターはこのお店の看板で、
お持ち帰りもできます。
しあわせな気分でこのお店から帰って、またしあわせな朝食も楽しめるという…
なんとディナーだけじゃなくブレックファーストまでサポートしてくれます。
素晴らしいですね。

わかってるんだよ。
他にも食べ物がいっぱい来ることくらい。

でもパンを口に運ぶ手を止めることなんてできないんだよね…。

はい。
長崎産イトヨリ鯛さんのカルパッチョです。
歯ごたえがあって、上のシャキシャキの野菜と一緒にぺろりと食べれてしまいます。
ほんとうにぺろりです。

旬のホワイトアスパラに卵のソースと生ハムを添えたものと、
京都の筍に雲丹をのせたものがやってきました…。

アスパラはやわらかいし、ソースと生ハムがあう。
筍も甘くて、雲丹はクリームのよう。

うに食べれないんですけど、わたし。
これ超おいしいんですけど。
アナタ本当にうにですか?わたし超びびりました。

低温でじっくり調理した富士鶏を、びわのコンポートで。
赤いけど、ちゃんと火は通ってます。

これも、食感がいい。
弾力があって、噛むこともたのしめます。
びわのソースだと甘いイメージがあるかもしれないけど、
全然違和感がないんだよね。
 
鶏肉と出会うために生まれてきたびわもいるんだね…。

ローストビーフと岡山から連れてきた猪。
カポナータ。

トリュフマスタードでいただくとお肉たちの味わいがこれでもかというほど増します。
お野菜はゆっくり丁寧に丁寧に煮込まれたお味がしました。
ほろりと口の中で溶けていくお野菜たち…。
ああ。君が俗にいう、「野菜の甘み」なんだね…。

雲丹とびわの冷製パスタ。

思ったよ。
最初。
「雲丹とびわ」って聞いて、「…雲丹とびわ…?」って。

違うんだよ。
「トマトとモッツァレラ」って訊いたら、誰もが納得するコンビだよね。
宮田シェフの手にかかれば、そんな感じです。

ほんとこんなまろやかだったの?っていう雲丹を
全力でサポートするようでありながら
ちゃんと自分の存在もアピールする、びわのポテンシャルの高さが凄まじいです。

そして器を見てください。
うさぎです。
かわいい。
かわいい。
そう、ここbedでは食器も細部までこだわっているため
かわいい。箸置きもかわいいよ。

最後を飾るのは
レモンのシャーベットとびわ。
自然の甘みだけなんだけど、満腹感が救われるかのようでした。


これは宮地さんが作ってくれた2個めのカクテル。
生絞りしたあんずと、アプリコットのリキュールと、桃のジュースと、グレープフルーツジュース。
調和が取れすぎてる。
たぶん、「これ何入ってると思うー?」って言われてもわからないくらい
調和が取れすぎてる。

彼らはたぶん食材と食材を仲良くさせる天才なんだと思います。


長い間お話をしていたところ、
食後にチョコレートまでいただきました。
右は沖縄のお土産らしく黒糖生チョコレート。左は宮田シェフお手製生チョコレートです。
濃厚でしたわー。


とにかく、時間を忘れて過ごしたたのしい時間、
気が付いたらさくっと3時間経ってました。

ほんとうにたのしいお食事は、
あっというまに時間が過ぎてしまうんだね。

そんな至福のディナーは、
渋谷『bed』で過ごしましょう。

ブログもあってうっとりするからみんな見た方がいいよ!



よん