2016年3月30日水曜日

ニュースのあり方

ニュースをエンターテイメントにしてしまうの、そろそろやめませんか。

何か特徴的な事件が起こるたびに、大きく取り沙汰されて
ニュースの長い時間を、その事件が占める。
情報も不完全なまま、面白いところだけを抜き取って独り歩きする邪推…。
今回の中学生監禁事件もそう。
「逃げれたんじゃないのか」
「同棲してたけど飽きたんじゃないのか」
「洗脳されてたんじゃないのか」
全部、想像に過ぎない。

わたしたちは、事件を調べる刑事でもなければ、
裁く裁判官でもなければ、
被害者や加害者の知人でもない。

完全なる「他人」です。

勝手な憶測で物を図ることがどれだけ危険なことか、
どうして気付かないんだろう。

調べるべき人が調べ、裁くべき人が裁きます。
あなたじゃない。

もし「被害者を守りたい」と思うなら、放っておくべき。
もし「加害者を許せない」と思ってもそれは同じ。
被害者や加害者の気持ちを勝手に判断するのは決して正義じゃない。
それはもはや好奇心です。

裁判が行われたあと、
そこで明らかにされた「事実」と「刑罰」を比べておかしいなと思ったとき
はじめてわたしたちに声を上げる権利が生まれるんじゃないかと思います。
でも、みんなそこまで興味ないよね。
事件の速報が出たまだ情報が十分じゃないときに飛びついて邪推して勝手に結論付けて満足する。
あとはほとんどの人が知らん顔…。恐ろしいことだよ。


何がこうした歪を生むのか…。原因はメディアだよね。
メディアはいかにも大衆受けしそうな事件のキーワードを並べる。
「大学生が中学生を監禁」「2年間監禁しながら普通に生活」「秋葉原に行く」…。
加害者の住んでいた家に行って、壁の薄さを調べて、「本当に周りの人は気付かないのか?」って実証したりする。
でも、これって報道する意味どこにあるの?
このニュースが流れたところで、わたしたちにできることはなに?
「監禁されないように気をつける」?
無理だよね。
報道によって模倣犯が生まれることこそあれど、抑制や予防には繋がらない。

じゃあ、何のための。
被害者をズタボロに傷つけてるだけなんじゃないの?


一度、「ニュースってなんなのか」「受け取り手のわたしたちは何をすべきか」
落ち着いて考えてみたほうがいいと思います。

控えめに言って、この国のニュースは狂ってる。



よん

2016年3月29日火曜日

悪行

以前、腰痛を抑えるべく姿勢矯正シートを購入した話をここに書きました。
あれ以来、大きな腰痛に苦しめられることもなく健やかに過ごしてはいるのですが
大変なことが起きました。


自分に悪知恵がついた。



なんと休憩したいな…と思った時に
シートを斜めにして、手をかけ、足を壁についてリラックスするという驚異の使い方を始めたのです。

わたしは悟った。

どんな道具を使おうとも、結局は使う人次第なんだと。
土木工事の安全性向上のために作られたダイナマイトが戦争利用されたように…。
姿勢矯正シートがどんなに姿勢を強制してくれようとも…!
怠けたいやつは怠けるための利用方法を見つけるんだと…!!

まずは性根を叩き直すとこから始めなければいけないね…。



よん

2016年3月27日日曜日

電力自由化~DV夫との別れ~

4月から始まりますね!!電力自由化!!
今まで独占市場だった地域の電力会社だけでなく、
他の会社がいくつも参入し、我々消費者はその中から選べる!!という画期的なものなのですが
正直疑問はつきない!!

でも思うんだよ。
新しく電力会社を決めなければ、地域の電力会社のまま…。
分からなかったらみんな、とりあえずはそのままにするよね。
そしたらどうなるか?

まるでDV夫だよね!!!
どんな関係においても、恋人でも友人でも電力会社でも
「俺が何しても結局俺のこと選ぶんだろ」って思わせてしまったら終わりだと思うんだ!!!!

安全対策を怠って事故を起こし
その費用を巻き上げる東電…。
ガレキの撤去費でさえ税金で済ませて
自分の懐は全く痛めない東電…。
ドヤ顔で再稼働しようとして事故る関電…。

そんな腐った世の中に!!!
NOを突きつけたいんだ!!!!!

ということで…。
まだまだ分からないことだらけで「様子見」という選択肢もあるけれども
わたしはこのDV夫を早く切らないと
豊かな毎日は始まらないかな~と思ってます。

例えば「他の会社だって分からんぞ」って言われたとしても、
殴られたら別れる、それだけのことだと思います。



よん

2016年3月26日土曜日

シリーズ「うさこの隣のひと」 vol.1

人に歴史あり―――
誰しもがいろんなことを考え、いろんなことを思い、いろんなことを体験して今を生きている。
特別な仕事についてなくたって、
特別な何かを成し遂げてなくたって、みんながみんな特別。
近くにいるそんな”誰か”の軌跡をちょっとだけ覗いてみる…それが「うさこの隣のひと」だ!!

<第一回目/ゴルファー・インストラクター(20代)>
わたしがジムで走ってるとき、後ろから気合の入った声が聞こえることがある。
その犯人は決まっていつも彼だ。
THE・逆三角形の体格に、隆々と盛り上がる二の腕。
通ってるジムの中でも群を抜いてマッチョな彼に話しかけられたのはつい先日のことだった。
「なぁ、○○病院で働いてるよな?」
なんて気まずいファーストインプレッション。
なぜならわたしは○○病院で働いてなければ行ったこともないのだ。
しかし結果的にそれが仲良くなるきっかけになったので
○○病院のわたしに似ている看護婦さんに感謝である。

そんな彼に、今回は話を聞いてみた。
――お仕事はなにを?
○○ジム(高級で名高いジム)でゴルフのインストラクターしてる。時給2000円で…
――○○ジムなんてセレブな場所で、ゴルフというセレブのスポーツを教えて時給なんですか?
アルバイトやで。ほんまは本業があんねんけど、それだけじゃ生きていかれへんから。
――本業は何を?
ゴルファー。マイナーやねんけどね。日本大会でたりもしてんねんで。
――肉体を見て、ゴルフとは到底思いませんでした(笑)
せやろ(笑)ゴルフやっててこんな体型の人はあんまおらんわな。
――いつもフリーウェイト(寝っころがった体勢で、重りを持ち上げるマシン)をやってるイメージがありますが。
そうやな、いつも150キロくらい担いでる。落としたら即死やろな(笑)
――わたしが走ってる後ろでそんな生死を分ける筋トレしてたんですか!??やめてください!!(笑)
いやいや、適度な運動やで。
――マシン(局部的な筋肉を鍛えるトレーニングマシン。自分で重しを調整できる。5キロ~195キロまで、など)で運動してるのも、重りがカンストしてるじゃないですか!!絶対これ適度じゃないから!!
でもこれ、クールダウンやで。フリーウェイトやってる人間からしたら、カンストして当たり前みたいなところある。人間て甘く出来てるから、追い込まないとどんどん甘えていくねん。みんなやったらできるよ。やり続けたらみんな俺みたいな逆三角形になる(笑)
195キロを軽々蹴り上げる
――なぜそこまで追い込むんですか?
やっぱり…日本一飛ばすゴルファーになるためやな。
――ゴルファーってマッチョなイメージ全然ないんですけど、飛ばすゴルファーってみんなマッチョなんですか?
いや、ちゃうな(笑)でも、ゴルフって物理やから。同じ20キロで走ってても、自転車にぶつかるのとダンプカーにぶつかるのやったら衝撃は全然違うやろ。理には適ってる。
――やっぱりマッチョじゃないよね。イメージは正しかった(笑)
ゴルフって金持ちが多いねんけど、俺はラグビーとかやってきた叩き上げやから…毛色が違うところはあるなぁ。例えば俺、ゴルフ推薦で大学入ったけど半年で辞めてもうてん。先輩と喧嘩して…金持ちでゴルフやってる先輩らの言ってること生温いな~と思って、全然従えへんかったし。それで部活辞めることになって、そしたら俺大学推薦で入ってるから「俺何のために大学おんねやろ…」って思ったら、辞めるしかなかった。後悔はしてないけど、コンパで浮かれたキャンパスライフはしたかったな~(笑)
――キャンパスライフとは程遠いストイックすぎるジムライフを送ってるわけですが
怪我する一歩手前が一番効くねんで。
――怪我したら元も子もないじゃないですか…!これからも、元気な姿で会いましょうね(笑)


人によって、同じジムへ通うのでも目的が全く違う。
わたしのように「運動をする」という生命維持目的の人もいれば、「筋肉を育てる」という筋肉ブリーダーもいる。
自分の裏側でまさか命の危機に瀕しながらトレーニングをしてる人がいたとは…。

いつも生きている場所のなかでも、知らないことだらけの世界。
日常は楽しい。




よん

2016年3月25日金曜日

勝手に敬老の日

それはamazonプライムでBGMに何か気楽な邦画でもつけるかなと思っていたときのことだった。
ひとつの映画に目が留まる。
 あ…。
ばーちゃん…。


そう、わたしの祖母は元女優。
「喜びも悲しみも幾歳月」はばーちゃんの記念すべきデビュー作である。
まさかamazonでばーちゃんのデビュー作が見れる時代が来るなんて…。
ビデオテープの時代からネット配信へ飛躍する、怒涛の革新がここで起きている。
恋するばーちゃん 
 ばーちゃん結婚
ばーちゃんヴァージンロード


若かりし頃はさぞかしセレブだったらしいばーちゃん。
わたしが小学生の頃病気をして一緒に住むようになってからは馬が合わず喧嘩ばかりのエブリデイだが、
顔を合わせればバトルばかりだが、
数え切れないほどのジハードを迎えてきたが、
あれだけキレイで気高い人は見たことがない。

かつての仕事ぶりはなかなか知るよしもないが、
未だにマルベル堂でブロマイドが売っている。
ちなみにわたしは以前当店舗(浅草)でばーちゃんのブロマイドを購入した。
祖母のブロマイドを買う機会は人生でそうそうないのでいい体験をしたと思っている。

気高すぎて、人を頼ることができないばーちゃん。
顔を見たら戦が起きるので言う機会がないけど、
いつまでも元気でいてほしいと思ってるよ。

でも高校の頃「これお弁当に入れてって!」って言われて入れた肉じゃがににんにくが入ってたことはまだ許してないから。



よん

2016年3月23日水曜日

わくわくオバチャーンランド12~人は何度でも歩き出せる~

2016年3月19日(土)、
3か月ぶりのわくわくオバチャーンランド12~脇復活祭 段差に気を付けて~が行われた。
オバオタのわたしでさえ知らなかった脇が休養していた事実。
恐らく日本中の誰も知らなかったと思うが、こうして骨折しても復活できる喜びをみんなで噛み締めようじゃないか!
ということで、めでたいオバチャーンランドになったのである。

にも関わらず…。
ステージ1回目は調子が出ず悲惨な有様。
1回目ひどいのはいつものこととは言えど、史上最低の出来で
これまでで一番途中退場する観客が多かった。
由々しき事態である。
ダンスや曲を覚えてないだけじゃない。覇気もない。MCも観客置いてけぼり…。
1回目終了後、思わず楽屋へ飛び込んだ。
「今日、元気なくないですか?」
圧倒的にオバチャーン力が足りてない。
いくらダンスが揃わなくたって、喋りたいことを喋るだけのMCだって、
楽しければ全部OK。
観客を楽しませてこそなんぼのオバチャーンなのだ。

プロダクション社長の辻さんにも指摘され、
おのおの何を思っただろう?

3回目が終わるころには満員大盛り上がりにできたことを思うと
みんなそれぞれ何かを取り戻せたのかもしれない。


いつになっても、未完成の「オバチャーン」。
そこがハラハラするところでもあり、最大の魅力でもある。
一人一人が悩み考え葛藤し、忘れ思い出し作られる。
同じクオリティのものは二度と見れない。


オバチャーンはもともと主婦タレント事務所「みかん山プロダクション」に所属していたタレントの中から
選抜されメンバーで構成されるグループだが、
社長の辻さんはオバチャーンをどう考えているのだろうか?
インタビューを敢行した。

―――オバチャーンには今後どうなっていってほしいですか?
「若い人から注目してもらってオバチャーンも輝いてるやんか!と思ってもらいたいですね。AKBじゃないけど、オバチャーンを通じて個々でもっと注目されるようになってほしい。これだけオバチャンいますけど、やっぱり一人一人いいところがちゃいますんでね。ピンでも仕事がもらえるような人になっていってほしいです」
―――辻さんにとって、オバチャーンとは?
「オバチャーンはスタートですねん。死ぬのが…焼き場がゴールで、この世界にゴールはない。だから楽しみながらやってほしいんです。みかん山も、プロダクションやろうと思ってやってるわけじゃなくて、”人生楽しみたい”って思ってる人のサポートができればと思ってる。お金がどうこうじゃないんです。才能とかでもない。ただ、仕事を楽しんでもらいたい。その結果人生が楽しめればいい。例えば平李(ネクストジェネレーション)は、定時制の高校に通うことになったんですよ。きっかけはオバチャーンの活動だそうです。そんな風に何か発奮できることが大事だなと思います」

「学業との両立」といえば、アイドルに起こりがちのテーマだが
まさかオバチャーンにも学業両立メンバーが現れるとは。

当人である平李にも話を聞いてみた。
―――高校に受かったそうですね!
「そうなんです。私まだみんなにも言ってなくて…。これまで合格したと分かっても現実味がなかったんですけど、さっきようやく辻さんに打ち明けて”よかったね、頑張りなさい”と言われ、ようやく実感が湧いて涙が堪えられませんでした」
―――なぜ今高校に?
「私、家庭の事情で進学できなかったので学校に行きたい!っていうのがずっとあったんですね。もう行けないかなって諦めてたんですけど、オバチャーンをやるうえで、国語力が欲しいって思ったんです。ただの主婦じゃないからこそ、ボキャブラリーを増やしたい!って。私パッチ・アダムス(アメリカの医師。楽しませながらケアすることで、たくさんの人を救ってきた。愛と笑いの伝道師とも呼ばれる)が目標なんです。更年期で鬱になってたこともあって苦しみを知ってるから、その経験を活かしたい。物を知らないと限界があるから、勉強して、言葉でもっと人を元気にしたいです」
―――受験はどうでした?
「1年半勉強しました。小論文と面接で…。でもここで受かったっていうのがもう既にひとつ自信になっていて、いつもやったら外人さんになんて話しかけられへんけど、今日は話しかけれました!」

いくつになっても、人は夢を持てる。
歩き出せる。成長できる。
年を取るとたくさんのことを諦めてしまう人がたくさんいる中で、
日々前に進もうとする姿…。
つい、応援せずにはいられない。
観客とハイタッチする平李

ただ色物アイドルじゃない”オバチャーン”。
普通のアイドルの3倍以上生きてる彼女たちのうんざりするほどの人間味を
ぜひ垣間見てほしいところだ。




オバオタ

2016年3月22日火曜日

本気を出した健康オタク2

【あらすじ】
ついに本気を出した健康オタク…。
さらなるヘルシーライフを送るべくこの世に散らばる健康調理器具を集め始めたのだった…!

②檜のまな板
ずっと100円ショップの適当なまな板を使い捨てして使ってたんですけど、
やっぱり切る以上は削れている可能性もあるわけで…
わたしの「食べるものは何を使ってるかわかるものを」というポリシーに反するな…!と感じ
木製のものを使うことに決めました!!!!
安心の高知県産檜!!!

はじめ開封した瞬間、
溢れ出るフィトンチッド…!!!
家中がまるで温泉の桶のような
独特の檜スメルで満ちる!!!

フィトンチッドには
・微生物の活動を抑制させ(天然の殺菌作用)
・虫を防ぎ
・悪臭を消し
・人々を抑制させる効果
があるらしい。

すごい。まな板以上。
檜のまな板って、こんなポテンシャル秘めてるんだ…。

これもフライパン同様少し手のかかる子で、
使ったら即洗って乾く場所に立て掛ける…という作業が必要です。
必要ですがそんなの習慣づけちゃえば全く問題がないということに気付いた…!

使ったら、サッと流して立て掛ける。
台所もすぐにきれいになって快適!!

檜のまな板を使うと
・天然のチカラで清潔
・フィトンチッドに癒される
・台所をきれいにする習慣が身に付く

いいことばっかりやないか!!!!

100均まな板には二度と戻らないだろう…と思う
わたしでありました。



つづく

2016年3月21日月曜日

本気を出した健康オタク1

わたしは普段お金を使わないミセスドケチなのですが、
なんでか「お買いものシーズン」があって、買い物をするときはバババッと買い物をします。

今回の「お買いものシーズン」ではついに集めてしまったんですよね。
健康オタク喜ぶ台所用品を…!

①日本製鉄フライパン「リバーライト極」


いよいよ鉄フライパンデビューしちゃったよね…!
散々テフロンは体に悪い!という情報を聞いてはいたもののいまいち踏み込まずにいれたんだけど
はがれかけのテフロンでごはんあっためたらすごくまずいときがあって
これテフロン味やーーー!!!!!と思ったらもうイヤで鉄フライパンにすることに決めました!!!

鉄フライパンは扱いが難しいということで、このめんどくさがりの極みが使えるか悩みに悩んだ挙句
「究極の鉄」と名高い極ROOTSシリーズをチョイス!!

ふつう鉄フライパンは空焼きという作業(具材を乗せずフライパンを焼く)が必要なのですが、
なんとこれは必要ない!!
焦げにくさ・錆びにくさも極まってる!!
軽い!!!
ということで、「鉄フライパンにするならこれしかない…!」というアツい情熱のもとコイツに決定!!


いざ使ってみて…。

油を塗りこめば本当に全然焦げ付かないし
炒め物が本当においしくできる…!
使ってすぐタワシでコシコシすれば洗い物も簡単!!

今まで難易度★★★★★の頑固ジジイだと思ってた鉄フライパンでしたが、
「極」に関しては全然気さくないいヤツでした!!!!
鉄パン業界でも高めですが、ずっと使えれると思えばひょっとしてコスパ最高なのでは…。


ただし油を使いたくないNOオイル系健康オタクの皆様だけにはオススメしません。
それ以外の方々はぜひ極使って極まっていただければいいなと思います。



つづく

2016年3月19日土曜日

大流行!反発しまくるマットレス!

10センチもあるアットレスを買った!!!!
今はやりの高反発…!!

かつてあれだけ世を侵略した”低反発”と
全く逆の考えである”高反発”。

一体何が違うのか??




そもそも何が違うかっていうと、
深く沈み込むことによって体を包み込むのが”低反発”、
逆に全く沈み込まず体を点で支えるのが”高反発”です。
寝返りが打ちやすいのが特徴。
「寝返りを打つ」というのはただ打っているだけではなく
・体の負荷を分散できる
・血液やリンパの流れを良くし、痛みを出す物質が溜まるのを防いでくれる
といった効果があり、実は睡眠時とても大事なことだそう。
低反発は気持ちがいいけど、寝返りが打つのには適さないらしいんですね。
あんだけ褒め称えてたくせに!!!
世っていうのは移り変わっていくものだよ…ほんとに…。

さらに140Nとかいうと、マットレスとして「硬い」部類に入ります。

やさしく沈み包み込むのが主流だった低反発に比べ、
まさに正反対の「硬い高反発」。

ドキドキしながら注文したわけです。


「硬い」といっても、「反発しまくります」といっても、
決して痛々しい硬さではなく、
体をソッと支えてくれるような感覚…!
言葉だけ聞くと「寝心地悪いんじゃないか」と思うけど、
想像以上にやさしいです。半分はやさしさでできてそうです。
沈み込まずぽんっと支えてくれるので、「多分空中に浮くことができたらこんな感覚かな…!」って感じ。
なるほどこれが天界か!
分厚く底に付かないので、地上に堕とされることもありません。堕天使レス!

「マットレスを変えて質のいい睡眠ができたら朝スッと起きれるんじゃないか」と思ってましたが
人生そううまくはいきませんでした。


現場からは以上です。



よん

2016年3月17日木曜日

しょうもないムービー

熊本のおばあちゃんが送ってくれた激うま柑橘セットのいくつかがカビていたことに気付き
あまりにショックすぎて思わず死ぬほどしょうもないムービーを作ってしまいました



何がcoming soon...なんだか自分でもさっぱりわかりません。


よん

2016年3月16日水曜日

魅惑のPV「黒鍵」

本日は台湾アーティストJJこと林俊傑の「黒鍵」という曲を紹介しようと思います。
「黒鍵」は以前紹介した「黒暗騎士(NO,1中2病ソング)」、「黒武士」と合わせ
「黒色三部作」と呼ばれる作品群のひとつです。
「黒暗騎士」だけで満足してる場合じゃなかった。三部作だった。
この「黒色三部作」という名前に胸をときめかせずにいられません。
三部作を作り上げるは五月天の阿信…。天才すぎる。中2病ソングの貴公子すぎる。

でも、この曲に関して特筆したいのはPVなんですね。
題して!!!「黒鍵」のココがスゴい!!!!!

①突然JJの周りを高速移動するピアノたちがスゴい!!
ピアノに囲まれるJJ。
そのピアノが高速でJJの周りを移動しだすだけでもインパクト大なのですが、
なんとJJ、自分でもピアノを回し始めます。
ポーズがダサすぎるだろ!!!!

②脈絡なくピアノに衝突するJJがスゴい!!
いきなりピアノに向かって走り始めたかと思いきや、
全速力でピアノに激突。
強烈な勢いで吹き飛ぶJJ…。何がしたかったの??
そりゃ周りの人たちもこんな顔するわ!!!!

③飛翔するJJがスゴい!!!!
曲の終盤、ついにJJ、飛翔します。
どんな飛び方だよ!!!!
片足を上げた大変不自然な体勢で、後方へ向かって勢いよくジャンプ…!
飛びすぎだろ!!!!!!!!!!



は~~~~~~。愛しすぎるわ。
3日分くらいの笑いを補えました。
驚きの連続「黒鍵」PV、ぜひご覧ください。



よん

2016年3月15日火曜日

聖地

「ガールズ&パンツァー」というアニメがあるそうで…(通称:ガルパン)。
「茶道」や「華道」に並んで「戦車道」というものが存在する世の中、戦車を嗜む女の子たちの物語なんだそうですが
茨城県の大洗を舞台にしていることでも有名なんだとか。

そこでこれです。
『ガールズ&パンツァー』で盛り上がる大洗がいま、アツい!

こうやって、聖地化した土地でオタクたちが来ることを喜んでくれるおじいちゃんおばあちゃんを見ていたら
ガルパンも大洗も知らないわたしの涙腺がなぜかアツく(本当に謎)

衰退していく地が、何かのきっかけで注目されて
行くオタクたちもうれしければ、観光に来てもらえるその土地の人たちもうれしい
ここにはそんな幸せな図式があるんだな…!と思うと、すごくいいことを知ったような気持ちになりました。
こうやって喜んでもらえるのは、オタクたちが大洗を愛し、大切にできているからだし
愛されるのは、地元のひとたちの歓迎があってこそだし
こんな幸循環ある…?

実在する地域を舞台やモデルにして、アニメに登場させるっていうのは最近よくありがちな手法。
地域きっかけでアニメを見てくれる人もいるかもしれないし、
アニメを好きな人が地元に行くことで経済効果が見込める
さらに地域はアニメを応援してくれる…という非常に理に叶った構図がそこにはある。
聖地化すると、「地元のパン屋さんでキャラにちなんだこんなパン販売します!」「こんなパフェ作りました!」みたいな、地元のお店がアニメにかこつけて製品化!みたいな話はよく聞く。それも正しいと思う。
需要があるところに供給ができるのは当たり前だから。
けど、「自作の戦車」とか「自作のおからアート」とか「孫くらいの子たちと話せるのがうれしい」とか…。
この記事の書き方かもしれないけど、”経済的”な部分だけでなく”精神的”な部分で喜んでくれる大洗って
めちゃくちゃいいところじゃないか…とうっかり思わされます。

あんまりにも「経済意識してやってます感」が出ると一転、オタクは一気に倦厭する。
でもこうやって「作品愛」「地域愛」でうまく作品を作り上げれれば、
二倍愛されるものができちゃうんだよね…。

は~~あっぱれ。これが日本のモノつくり。


まずはガルパン観ることから始めようと思う
amazonプライム会員万歳なわたしなのであった。



よん

2016年3月14日月曜日

メカニックハート

かれこれ3年近くわたしの相方としてやってきてくれているペンタブちゃんが
反応しすぎたりしなくなったりなんだかご機嫌ナナメなご様子。
先日ついに全く反応をしなくなり
わたしは焦ってamaszonプライム(お試し)のお急ぎ便を使い新しいペンタブを購入したわけですが…
届いてからやたら調子がいい。

これまでずっと調子が悪いのをだましだまし使ってたんですが
しばらく見なかったレベルで調子がいい。

電化製品あるある。
「調子が悪いんだ」と思って解決策を見つけた矢先やたら調子がよくなる。

「わたしと離れたくないがためになけなしの力を使って頑張ってるのかな…!」と勝手に感動してます。
多分違うと思う。


でもこの現象にはよく出くわすんだけど一体なんでなんだろう?
「冬はiphoneが働きたくなる現象」も含めて
やっぱり機械にも心があるのかな…?っていうのがわたしの中で濃厚です。



よん

2016年3月13日日曜日

出会い~ feat.鍼師 ~

昨日、首から肩にかけてがまるで長い間油を差してないロボレベルでバキバキで…
ジムに行ったとき、最近できたともだちに
「いや~首から肩にかけてがやばいです~><」って言ったら
「どこですか?ちょっと触っていいですか?このへんですか?」とやたら訊いてくる。
「なんだろう?」と思いつつ、「そのへんです!肩甲骨のあたりヤバイです!」と言っていたら
「ちょっと動かしますね」と。

そして彼女は言いました。
「わたし、鍼師なんです」

わたしの人生ここまで
「救世主さま…!」って思ったことはなかったよね。


肩甲骨をほぐしてくれたあとは、腕をマッサージしだす彼女。
「ここが首のあたりのツボです。押したらどうですか?軽くなります?」
「少し軽くなる気がします…!」
おもむろにバックから何かを取り出し
わたしの腕に貼ってくれました。
「この中に小さな鍼が入ってるので。とれるまでほっておいて大丈夫です」


こ、これは…ガチの鍼やないか!!!!!!

思わぬところで人生初鍼体験。
鍼についてはずっとドラマとかで体中に鍼がぶっ刺さってるの見たりして
「体に鍼をさす…?なんとまぁこわい」と思ってたんですけど
ヌルッと初体験を済ましてしまいました。
鍼さしてます感は全くなく、存在を忘れようと思えば簡単に忘れられます。
「ちょっとさすとこ間違えたら秘孔をついて死んだりするんじゃないか」と思ってましたが、
訊いてみたらそんなこともないようです。よかった。

思わぬところに思わぬ出会いが落ちているから、
とりあえず全部拾っておくっていうのはすごく大事だなぁ…と思いました。
お姉さんありがとう。おかげで肩から鉄板がとれたような気がします。


よん

2016年3月11日金曜日

5年

あれから5年。
何も変わってない人もいるし、全てが変わってしまった人もいると思う。
あなたにとって、どんな5年でしたか。
わたしにとっては「信じていい世の中じゃない」と気付いたきっかけだったので、
あれからたくさんのものを疑うようになりました。
食べ物の安全。政府。日本。地球。人間…。
たくさんのものを疑うようになった末、今や立派な健康オタクとなりました。
「大変」というのは、「大きく変わる」ということ。
我々は、大変なことが起きた時に、何かに気付かなきゃいけないんだと思うんだよね。

すぐに「元へ戻そう」とする力が働くけど、
「危ない」って気付いたならそれはやめるべきだし、
どうやったら危ないことを減らした世界が作れるかってことを
考えるべきじゃないかと思うな~~。

阪神淡路大震災では、仮設住宅が解消された5年。
5年もたっているのに未だに「当たり前の生活」を送れない人たちがいるのはなぜだろう。
人間にとっては「5年」って大きなもので、失うことができないものだけど
こんな長期的なスケジュールみたら、「5年も」じゃなくて「たった5年」なんだなって思わされる。
「最長2051年まで」というざっくりしたスケジュール。
終わるはずがない。

今日だけ振り返るんじゃなくて、
もっと考えないと。「今日本で何が起きていているのか」を。

みんなが笑顔でいられる世界がどんなものかっていうのを
改めて考えなおしたいね。


追悼。



よん

2016年3月10日木曜日

正義のヒーロー

最近のSNSでよく見る「自分の正義を貫くためには誰を傷つけてもいい」タイプのひとって、
本当に正義なのかな…っていうのを長いこと考えてるんですけど。

振り返ってみればオーソドックスな戦隊ものってそうだよね。
「自分」と「敵」という関係性のなかで、
「正義」のために(時には5:1という卑怯な状況でも)敵を倒す。

それって正直正義じゃないよね?

本当の正義のヒーローっていうのは、
戦わずしてその場を平和に解決できる人なんじゃないかな。
「こっちの言い分はわかった。こっちの言い分もわかる。
 じゃあ、共存していくためにはこういう解決ができるんじゃないか?」っていう…。

たとえばショッカーは何で戦うのか?とか。
人の「背景を察する」のは、コミュニケーションにおいてとても大事なものだと思う。
wikipediaで調べたら、「知力や体力に優れた人間に改造手術を施して洗脳された怪人」らしい。
そんな人を倒すのが正義のヒーローのすること?
正義のヒーローは、ショッカーを悪の組織から解放してやれてこそなんじゃないかな…。


だからSNSにはびこる自称・正義のヒーローのみなさんも、
何か「正義だとは思えないこと」が目の前にあったとしても突然殴りかかるのではなく
どうか「なぜそうなったか」「どうしたら解決していけるか」っていうのを導いていける
本当のヒーローになってほしいなって思います。



よん

2016年3月8日火曜日

抗えないモノ

わたしは問いたい。

電車で座ってるとき寝てしまって自分が頭ぐらぐらしてることも隣の人がちょっと迷惑そうにしてるのもわかっていて強烈な罪の意識を感じているのに起きることはできないあの感じは一体なんなんだろう。
隣のひと…本当にごめんなさい。抗うことができない何かと戦っていました。
もしよければ次はわたしの肩使ってください。
やさしく抱き寄せるので。
よろしくお願いします。



よん

2016年3月7日月曜日

自分さがし

中学生の頃、突然さして仲良くなければ一緒に恋バナもしたことがない友人から
「お前は絶対若くして結婚して息子産むけど、男に捨てられて一人で子供を育てることになる。
 息子には過度の愛情を捧げすぎてウザがられる」と告げられたのですが
なんとか実現させずに生きてこれました、こんばんは。

ずっと忘れられない言葉ってあるよね。
わたしにとってはこれです。
多分探せばもっといい言葉人生でいっぱいあると思うんだけどなぜかこれがランクインしてます。
衝撃的だったのは、その場にいた全員に「わかる」と言われたことです。
中学生の頃のわたしはみんなにどんな印象を与えて生きていたんだ…。

他に最近のもので言えば、わたしの
「敵を作りたくない、人に嫌われたくない、平和イズマイライフ」って言ったら
「そんな芸風でもないでしょ?」って言葉もなかなかに衝撃的でした。

確かにわたしそんな芸風じゃなかった。


自分の中で心に残ってる言葉がなんだろう?って振り返ることは
知られざる自分を探すヒントにもなる気がする。
ぜひみなさんも心に残った言葉を探してみてください。



よん

2016年3月4日金曜日

うさこニュース”匿名である以上確かめようがない”

※いつも以上に思ったことをただ書き連ねてるので最強分かりづらいブログになると思います

衆院予算委 「保育園落ちた日本死ね」ブログで激論 安倍首相「匿名である以上確かめようがない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00000555-san-pol

ずっとこのニュースが引っかかってる。
「こういう話がある」という問題提起に対して、
「匿名である以上確かめようがない」。

ひとつだけ確実な解決策がある。
「当人たちが、素性を証明できる状態で目の前に現れること」。

例えば、署名だったら「本当に実在するのか分からない」というのでしょう。
逆に、まずはじめにそんなところに着目するくらいなら
そこをクリアにしてしまえば、議論せざるをえなくなるのでは?と思うわけですよ。
「一人の意見を取り上げることはできない」というのなら、団体で行けばいい。
でも外でデモやったとして、目に留まらない。
それならもう、国会の場に本人らが登場するしかない。

それってもう、「政治家」が「国会」する意味なくない?

だって代表の人が取り上げた意見を、そんな「いるか分からない」という本質に辿り着かない
表面的なことで取り下げちゃうんでしょ。
代表としての立場がなってないよね。

そもそも、民主党側だって国会で取り上げるなら
その人に連絡を取って確認することくらいしろよ。
ネットはきっかけにしか過ぎないんだよ。
話題を集めた記事で、賛同者がたくさんいる「きっかけになるブログ」を「証拠」にしちゃだめだよね。
それをきっかけに証拠(書いたご本人や賛同者の情報)を集めて提示してこそ、「国民の代表」となれる器ではないでしょうか?
逆転裁判でも勝てないよそんな証拠じゃ。

書いててわかりました。わたしは。
意見を述べるときは、もっと他人が「ぐぬぬ…」ってなる材料を集めてからじゃないと。
自民党がやっていることは、「代表として現状を伝えた」んじゃない。
「自分らが伝えたいことを、ネットのブログに代弁してもらった」だけ。
それで届くと思ったら大間違いなんじゃないでしょうか。

あとはもう感情論ばっかり。
「うれしい悲鳴って発言が間違ってる」とか、そんな言葉を捕らえてる場合じゃないよ。
何がしたいの?ごめんなさいさせたいの?違うでしょ。変革したいんでしょ?
だったらそんなことより、事実と解決策を並べなよ。
なんでそんな簡単なことが分からなくなっちゃうんだろう。
きっと「他人を蹴落としてのし上がる」ことしか考えてないからなんだろうな。

本当に物事を解決させようと思ったなら、
「こんなブログがあります」
「う~ん匿名じゃちょっと…」なんて浅すぎる会話にならないと思う。

もっと大人になろ。



よん

2016年3月2日水曜日

罪深いデリシャスフード”ピーナッツバター餅”

わたしは大層罪深い食べものを発見してしまいました。


ピーナッツバター餅。


あつあつの餅に乗せてとろけるピーナッツバターの塩気…!
ピーナッツバターのまろやかさをやわらか~な餅が包み込む!!
時々カリカリしたピーナッツ粒、餅の香ばしく焼けた部分の食感も楽しめて絶妙…!

ただひとつだけ分かることがある。


えげつないカロリー。

突くことで密度が濃くして食べる「お餅」…。
ナッツの油分を存分に活かした「ピーナッツバター」…。

カロリーが低いわけがない。
あまりに罪深い食べ物!!!!!

ただほんとおいしくて新しい食感風味なのでぜひ1度は食べていただきたいところです。
餅とバターも罪深うまいよね。
餅×油分最強説。



よん

2016年3月1日火曜日

困り外人ハンターLV.1

わたしは語学もろくにできないくせに道で困ってる外国人を見かけると助けたくて助けたくてしょうがないんですけど
昨日も遭遇しちゃったんだよね。
迷いし中国人4人組に…!

わたしは英語より中国語のが少しマシなので、
思いました。
「これは助けられるかもしれないぞ!!!!」と。

少し観察してたんだけど、びっくりするくらい人選びがヘタ
どう考えてもその人日本語しか話せないっぽいでしょ!!っていうおばちゃんおじちゃんに声かけては
日本語で返され「ちょっとよくわかんないな」ってなってました。

再びおばちゃんに話しかけようとしてるところ、
わたしは言った。
すると向こうは…

「え!!???中国語!!!!??喋れるの!!!!?!??!??困ってるの!!!!!!」
想像以上に喜んでくれました。

わたしに住所を見せて「ここに行きたいの!!!!!」。
わたしは語学がろくにできないだけでなく、地図も読めない人助けするのに二重苦背負ってますので
外人を助けるためにできる手段はひとつしかありません。

「一起走。(一緒に行こう)」

7分くらいのまぁまぁ距離ある場所まで一緒に歩く中で、
「どこから来たの?」「北京だよ」
「旅行?」「そう!いっぱい買い物もしたの」「(その荷物量見たらわかるよ)
「中国には来たことある?」「上海はある!あと南寧もあるよ(ほんとは広西チワン族自治区だけど)」「え!?南寧!?珍しい!旅行で!???」「いや仕事で」「仕事!?わたしあなたのこと若いから学生かと思ってた(笑)」
と、たくさんのお話を楽しみながら…
案内したんですけど

行先が見当たらない。

その場にあったゲストハウスと思しき場所と、
住所の名前が合わない。

混乱するわたし。

もう一度、住所を見直すと住所の最後に「302、303」と書いてあるんですね。


なんとびっくり宿泊先はゲストハウスではなく隣のマンションだったのです!!!!!!


こ、これが最近全世界で流行りの空き部屋貸し出すアレか…!!
もっとホームステイ的な感じが主流かと思ってました。
マンションの空き部屋はいどうぞ!の風情のなさと難易度の高さに驚愕だ。

なにはともあれ無事に彼女たちを送り出すことができたわたし。
「ありがとう!!北京に来たときは案内するから!!!!」と熱い握手を交わし、マンションへと入っていく彼らを見送ったのだ…。



何人であっても、旅行へ来たら同じ「客人」。
日本に来てよかったって思える環境づくりを、少しでも手伝ってあげたい。

語学もできない!地図も読めない!困り外人ハンター(Lv.1)の物語は
まだ始まったばかりである!



よん