2016年10月29日土曜日

人生がイヤになる瞬間

こうストレス社会に生きていたら
「ああ…もうヤダ…」ってなる瞬間はいろいろあると思うんですけど、
わたしが今一番イヤになるのは





お椀にお皿がピッタリはまった瞬間です。

あの絶望感…。
頑張れば頑張るほど、
より奥地へと身をひそめていくお皿に
募る悲しみ…。

わたしはこの度解決策を見つけましたので
みなさまにご報告します。

煮込む。

簡単なことでした。
お皿インお椀を煮込むだけ。
焦らずぐつぐつしてきたかなくらいでかぽっと外れます。

この世には数多の絶望もあるけど
それを上回る救いもあるんだね



よん

2016年10月28日金曜日

単焦点デビュー

この度…わたし…
単焦点レンズを買いました!!!!!!

も~~カメラのことはサッパリで
「iPhone6のカメラ至上」って初心者丸出しなことを思ってたんですけど、

先日炎を取る機会があって、
iPhone6と
ポンコツだと思ってたうちのミラーレス一眼(OLYMPUS PEN Lite E-6)では
その差が歴然…!!

はじめて「カメラにはカメラたるの理由があったんだ…!」と気付いたわけです。

で、「てことはもっといいカメラを買えばもっといい写真が撮れるのでは?」と安直に思い
ビックカメラへ向かったわたし…。
フォトマスターのお兄さんと話をしていたとき、こんな言葉が飛び出した。
「カメラは消耗品、レンズは資産」
今まで一度も考えたことなかったけどなるほどカメラには「レンズ」という要素も…!
そして「単焦点」という言葉を聞いて、ノンストップ好奇心!

単焦点レンズ。
焦点がひとつしかないため、ズームができないものの
明るいレンズを選べば、夜景を撮っても黒く潰れづらく
何より一眼らしい「ボケ」を作るのが得意。
ド文系のわたしには調べれば調べるほどわかんなくなるのでやってみるしかねェ!
ということで購入
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
祝・レンズデビュー。

ひきこもりなりに同じ条件で撮り比べてみたのでご参照ください。
モデルはお正月のときにお連れした恵比寿様と弁財天様です。
iPhone6
・努力せずとも無難な写真が撮れる
・全体にピントが合う
・気軽さNo.1

普通のレンズ(オートフォーカス)
・iPhone6に比べて暗い。
・でもにじみ出るちゃんとした感。背景がボケたから?
・立体感が出てる。

単焦点レンズ(オートフォーカス)
・普通のレンズより明るい
・周りがぽわ~っとボケる
・「一眼で撮ってますよ…!」感ましまし


iPhoneの人を選ばないヘルシーさに比べて
単焦点レンズのプロっぽさ…!

何を言ってもカメラに必要なものは腕だとは分かってるんですけど
まずはこの単焦点を相棒に、
いろんな写真を撮っていこうという熱意に溢れています。
まずはもう少し分かりやすい参照画像を撮ることに燃えたい。



よん

2016年10月27日木曜日

無理だしチャレンジ

皆さんは…あごだしチャレンジという世にも恐ろしい企画を知っていますか…。

あごだしの久原という会社が2年連続でやっているこちら、
大型のトビウオが600m滑空することにちなんで
スマホサイトから600m分スクロールしたら6万円応募フォームに辿り着ける というものです。

最初は…「6万のためなら何でもできる」と思ってたよね。
満を持して挑戦。
しかしいくらスクロールしても
スクロールしても
スクロールしても辿り着かない…!!!!
結局わたしは
138mで諦めました。
わたしの何でもできるなんてたった4分の1にも満たなかった。

「こんなんクリアできた人いるのかよ」とやさぐれた気持ちでtwitterを調べたら
ずらりと並ぶ「クリアタイム1時間」「2時間」という記録…!

お前らどんだけの執念持ってやってるんだよ…!!!

138mのわたしでさえ
今日親指に違和感を抱えているので、
多分奴らの手はタコ出来てるぞ。

何かを得るためには犠牲が必要なのだなと
改めて学んだ「あごだしチャレンジ」でした…。


よん

2016年10月25日火曜日

おいしくて小汚い料理屋2

昨日話した大阪のおいしくて小汚い料理屋のカウンターに立っていたのは
日本語カタコトのおばちゃんでした。

さらにどっと増す海外感…。
「湯豆腐オイシイ~湯豆腐おすすめネ~」と
串カツ屋にも関わらず席に着いた瞬間湯豆腐を激推し。

話を聞いてみると、中国・福建省出身だそう。
日本の年齢主義な社会に腹が立っているらしく、
何歳ですか?という質問に

「歳関係ナイこんな歳気にするニホンジンだけ!!」と激怒の様子。
「アメリカ行ったら歳も人種も関係ナイ、あるのはイエスとノーだけ」
名言すぎるわ!!

20年ほど日本で暮らしている。
たくさん訪れる日本のサラリーマンを見て、
年上上司にへこへこする姿でも見て辟易としていたんだろうか。

わたしもイエスとノーだけで生きていけるグローバルな人間になりたいなと思います。


よん

2016年10月24日月曜日

おいしくて小汚い料理屋

先日大阪で知り合いととある小汚い串カツ屋にごはんを食べに行きました。
よく言えば味がある店舗、
悪く言えば近年まれに見る小汚さ。(嫌いではない)

到着早々、わたしは二度づけ厳禁のソースに
見たこともない小さな赤い虫が泳いでいることに気付いてしまった。

「すいません、これ…」
店員さんにそっと告げると
おもむろにすくい網を取って来て表面を掬い、
何事もなかったように去っていく…。

終わり…!?

同じことをするにしても
せめて取り下げてコッソリやってさも「新しいソース出してきましたよ!」ツラするのが
日本だとばかり…。

もしかしてこの虫の慣れっぷり
ひょっとして海外なのでは…?

このまま日本だと思ってたらわたしはそのソースをとても使えないので
心の中の海外スイッチをオンにしました。
海外だと思えばとてもおいしい串カツ屋でした。



きれい好きは小汚い二度づけ厳禁の串カツ屋に気をつけろ。
以上だ。



よん

2016年10月23日日曜日

ユメ

わたしはずっと民族文化に興味があって
いろんな各地の博物館に行ったり(名古屋のリトルワールドや大阪のみんぱくなど)
東京のアイヌ文化交流センターに行ったり
個人的に調べたりしてたんですけど

台湾の鳥来ではじめて少数民族が住んでいた現地で民族文化に触れたことによって(詳しくは後日)
こう…胸にこみあげるハイな感情が止まらなくて…


素足で走り回ってた
広大な山、激しい河。
その景色を肉眼で見ることで
一気に存在がリアルになる感覚…!
本で読んで、情報を得るのとは全く違う。
自分の頭の中にその人たちの生活が描かれていく。

帰って来てから
前後編で5時間にも渡る超大作「セデック・バレ」を見て、
図書館で本を借りて、
迸るアツい気持ちを止められず
「現地で見たい」という欲求がドンストップで
うさこ~旅人ver.~に変身を遂げそうです。

鉄は熱いうちに打てと言いますので
欲望に従って研究者になる。



よん

2016年10月20日木曜日

赤ちゃんから

台湾に行ってきました!!!!

中国語学習者(欲求言えるくらいのレベル)のわたしは思うんですけど…。
語学学習を始めてその国の人としゃべるっていうのは
もう一度赤ちゃんに戻るようなものじゃないだろうか。

言葉が上手にしゃべれない赤ちゃんがお母さんとコミュニケーションを取れるのは
お母さんが一生懸命赤ちゃんの言うことを理解しようとしてくれるから。
お母さんが諦めてしまえば、通じ合えない。

それと一緒で、
「理解してあげよう」という気持ちがあってはじめて
わたしのつたない他言語が通じる。


一生懸命理解しようとしてくれる姿を見ていたら
こう…こみ上げるものがあるよね。
もっと言葉がスムーズにしゃべれて、
円滑にコミュニケーションが取れればそれより幸せなことはないけど
でも、今こうして
「がんばってコミュニケーションを取ってくれている」っていうのが見られるのも
すごく幸福な光景だな…と思うわけですよ。

簡単な言葉を言い換えて、
何かに書いて、
ジェスチャーで、
あらゆる手を尽くして
言いたいことを伝える

なんかそれって、
すごく純粋な「伝達」行為だなって…。

泣けるくらいありがたい。

まだまだばぶ~な感じなわたしですけど
もっと成長して
一人前の大人になりたいなと思います。



よん

2016年10月13日木曜日

ゾンビ化

わたしは何をするのにも手を洗いたい側の人間で
家に帰ってきたらまず手を洗い(ふつう)
料理するのにもまず手を洗い(ふつう)
シャワーを浴びるのにもまず手を洗う(?)んですが
よく手を洗ったかどうか記憶を失くしては(多分洗ってる)
もう一度洗うというもはや病気のような毎日を送っています。

そのせいかわからないんですけど、
右手の中指が荒れる荒れる…。
あまりにもゾンビ感に溢れすぎているのでゾンビ化と自分では呼んでいます。
病院にも行ったのですが、
予約していったのにも関わらず1時間待たされた挙句もらった薬を塗っても治らない
というトラウマができただけだったのでもう二度と行きません(決意)

やさしい石鹸に変えても
ハンドクリームを塗っても
ワセリンを塗っても

治らないわたしの中指。
このままゾンビ化が進んだら
わたしはウォーキングデッドになるしかないのでしょうか?


東京都/よん

2016年10月11日火曜日

うさこニュース”まぁ落ち着けよ”

車掌「多くの外国人で、ご不便を」問題を受けて…。
まず言いたいのは、
そんなに騒ぎ立てることじゃないだろ!ってこと。

もちろんわたしは外国人の皆さまに気持ちいい旅をしてほしいし、
日本っていい国だなって思ってほしいんですけど

そんなに車掌さんのアドリブ力って大事ですか?
ちょっとの発言が全国で取り上げられて…
車掌さんに何させたいの?アナウンスのプロじゃないよ。

褒められた発言ではなかったけど、
これ、全国に乗るほどでかいニュースじゃない。

そんなに目くじら立てるなら
この失態分外国の皆さまに「いい国だなぁ」って思ってもらえるようなお手伝いでも何でもしたら?
なんで他人の攻撃しかできないの?フォローしてあげろよ!!

ひとつひとつの発言にピリピリしてる日本こそ
とても不便だと思います。



よん

2016年10月8日土曜日

他人と自分は一緒じゃない

人はそれぞれのものさしを持ってるってことが
分からない人がなんて多いんだろう。

誰かにとっての「つらい」を、
「何でそんなのでつらいとか言ってるの?俺なんて(以下略)」
「甘えてる」とか、
横から口出してくる奴がいる。

あなたがそれに耐えられるなら、
あなたはその世界で生きればいい。
でも耐えられない人だっている。

例えば黒板でキーッてやりつづける人がいる部屋に放り込まれたとして、
苦手な人はそこにいるだけで辛いと思うんだけど
平気な人にとってはなんてことはない。
「何悶えるの?」「じっとしてなよ」なんて言われるのは
苦手な人にとってはどれだけ地獄か。

辛さなんて目に見えないから、
勝手に自分の尺度で測りたがる。

たったひとつの言葉で再起不能になる人もいれば、
何を言われても大丈夫な人もいる。

みんなそれぞれのものさしを持ってる。

今回の働き過ぎ自殺が労災認定事件もそうだけど、
「もっと残業してる人だっている」
「死ぬ前に辞めれば」とかじゃなくて、
「死ぬほうが楽だって思っちゃう人もいる」
「こういうことで追い詰められる人がいる」という、
他人のものさしを知るきっかけにはできないんでしょうか。

そんないっぱいいっぱいのひとを見かけたときに、
「休んでいいんだよ」って
声をかけてあげられるようになるきっかけにはできないんでしょうか。

こんなときでも他人と自分を較べて
ああだこうだ言うような社会だから、
こんな悲しい事件が起きてしまうんだと思う。

もっとみんなが心穏やかに生きていける社会になるためには
自分と他人を切り離して考えよう。
昨日も浜田ブリトニーが整形失敗した話に
「お前にそんなの求めてない」「そんなんならもう死ねよ」みたい意見がいっぱい寄せられてるのを見て、
誰もあなたのためだけに生きてないですって思った。
SNSで距離が近く感じてしまうからか、
勝手に他人を自分の一部だと思いすぎてない?



よん

2016年10月7日金曜日

ある日のじーちゃん

いつも世話をしてくれるばーちゃんに文句ばっかり言っている熊本のじーちゃん。
「もうこんな家出てってやる」
「いつもね、私がこのおばあ様の世話してあげてるの」
「人をいじめるのが大好きなんだからこのおばあ様は」
ばーちゃんがいなきゃ困るくせにそんなことばかり言うじーちゃんだが、
その日は少し様子が違った。


この世に怒っていた。



よん

2016年10月5日水曜日

中国語LINEスタンプ発売

つ…ついに…!
ぱんだとうさこの中国語スタンプが発売になりました~!!!!

去年発売された我らが李軼倫先生著の『四コマ漫画で学ぶ中国語(朝日出版)』に登場した
ぱんだ来来(らいらい)とうさぎ貝(べいべい)のLINEスタンプ!!

上の表にはわたしによるド適当な日本語をつけたしておいたので
中国語の分からない人は「なるほどこんな意味ね!」となんとなく察していただければ幸いです!
そして見ているうちに中国に親近感を抱いてくれ!!!!!
このスタンプから平和な世界が生まれてくれ!!!!!(?)

なんとびっくり格安の120円でお買い上げいただけます。
家買うのに比べたらざっくり10万分の1くらいの安さ!!!
ぜひよろしくお願いします!!!!!!



よん

2016年10月4日火曜日

うさネガティブこ

わたしは…もう…本当にネガティブ!!!!!!
ポジティブになりたくて無理して
こんなスタンプとか出したんですけど

あかんわ。ネガティブ大魔王だわ。
「この世と迎合できない」
「所詮わたしは哀れな道化師-ピエロ-」
「わたしを理解できる人間-とも-なんていない」
大体こんな感じです。うそですちょっとふざけました。

「悩むなんて時間のムダ」
「嫌われたなんて思う暇あるなら次に行けばいい」
「大丈夫自分が思うほど他人は気にしてない」
心のポジティブ先生はそう教えてくれるんですけど、

悩む時は悩むし
勝手に行間読んで嫌われたんだって思うし
他人が気にしてなくても自分が気にするし

根っこのネガティブが火を噴く。


太陽?太陽に当たればいいの??????

なんかいつか「ネガティブ集会」とかしたいね。
ネガティブな人が集まってひたすらネガティブなこと言ってスッキリする会…。
やばそう…。
「ポジティブの光で溶ける会」とか…。
ポジティブな人のポジティブな発言を浴びて
ネガティブな人を溶かすという…。
ほとばしる宗教感…。

いっそ逆にネガティブをアビリティにして使える魔法を身に着けるしかないんじゃないかなって
思いました。



よん

2016年10月3日月曜日

困り外人ハンターLV.2

昔「困り外人ハンターLV.2」でもお伝えしました通り
語学ができない、地図が読めないの二重苦を背負いながらも
困っている人を見過ごせない、道教えたがり子です。

で、先日も外国人が駅員さんに
「I want to go A!E!O!N!」と言ってるものの駅員さんサッパリ分からず
(ど、どうしよう…)となっているのを見かけて
僭越ながら困り外人ハンターが横やりいれました。
「君が行きたいのは…イオンだね!」と。
「そう!それ!!」となった外国人を案内させていただくことに。
「are you Chinese?」と聞くと「イエス!」というので
そこからは中国語でやりとり(英語より中国語のがまだマシ)

とはいえ
母国語でも説明できない道を、
どうして外国語で説明できようか?

困ったわたしは言います。
「一起走。(一緒に行こう)」

今回はお父さん(60くらい)と息子さん(30くらい)のふたり。
主に息子さんと定番のお話(中国に行ったことある?いくつ?何しに日本へ?何しにイオンへ?など)しながら歩いていたのですが、
最後でお父さんに火がつきました。

「日本の外国人に対する給料についてどう思う?」
いきなりテーマが重すぎるわ!!!!

もちろんそんな難しい話にへっぽこ学習者が答えられるはずもなく
「お父さんごめん分からんわ…」と謝るわたし。
なんとかお父さんの言うことをわたしに伝えようとする息子。
構わず喋り続けるお父さん。

最後の最後でめっちゃ気まずい。

そういえば昔も、
中華料理屋のお父さんがわたしがちょっと喋れると知ったやいなや
「日本の天皇制と中国の皇帝の違いについてどう思う?」って話してきたことがあったなぁ…。


中国のお父さん世代(60代くらい)は
日本の若い子がどう思ってるかについて興味津々なのかも。

お父さんたちの興味に応えるべく
勉強がんばります。




よん

2016年10月1日土曜日

わたしは飲み物が下手です。

わたしはあんまり飲み物が得意ではないです。
普通に飲み物を飲める人には全く分からない感覚だと思うのですが、
まぁ聞いてくれ。

①一日にそんなに多く飲めない
同じタイミングで500mlのペットボトルを買って、
友人が飲み干して捨てる頃にわたしはようやく△部分(※)

△←この部分


が終わったあたりだったりして
いつも驚きを隠せない。

②食事中も飲めない
食べ終わるまで一口も飲んでないときがある。
一度も触られてないコップに
食後驚きを隠せない。

③歩きながら飲めない
ぶれるとバッシャーって行く可能性があるので
必ず立ち止まって飲む
おやくそくだぞ。

④座ってても飲めない
大失敗して胸元ビシャビシャになる。
なんで失敗するのか自分でもわからない。

総じて「飲み物が下手」ってことに
最近気が付いてきました。

もっと飲み物飲んで新陳代謝活発になりたいんですけど。。
飲み物上手になり方募集してます。



よん