2017年8月11日金曜日

うさぺんメキシコ日記-6ペソ(36円)味-


メキシコに行ってきたよレポ 1日目、後編!!
【登場人物】
うさこ:度胸のあるビビリ
ぺんちゃん:かつてカリフォルニアに住んでたビビリ

わたしたちが滞在していた「Zocalo(ソカロ)」はスペイン語で「広場」の意味。
すぐそばにはテンプロ・マヨール遺跡、カテドラル(教会)、王宮など歴史的な場所もたくさんあって
観光にも抜群の場所だ。

腹ペコだったわたしたちは1969年創業の老舗人気店「El Cardenal」に入った。

Quesadilla(ケサディーヤ)トッピングguacamole(ワカモレ)
味の濃い刻み野菜ととろーりチーズがとうもろこしの薄焼きパン・トルティーヤで包んである。
付け合せのワカモレ(アボカドディップ)が最高。

Verdolagas con pollo(トマトとスベリヒユの葉っぱと蒸し鶏のスープ)
うん。分かってる。全然おいしそうに見えないよね。
でもこれが意外にうまい!
緑の見た目に反して結構酸味が効いている。グリーントマトらしい。
何だかよく分からないけど病みつきになるスープ。

それと水を合わせて230ペソ(1380円)。
少なそうに見えて、メインとソパ(スープのこと)を頼めば
十分ふたりでお腹いっぱいになる。サイズ感が違う。
店内にはミュージシャンもいたんだけど
聞こえるか聞こえないかの音量で一瞬歌ったかと思ったらする~って消えてった。照れ屋かな?
周りを見渡すと熱く絡み合う男女(男性の膝の上に女性が座りあっついキッスを交し合う)がいるのは、
さすがラテン系だとしか言いようがないよね。



 大通りを歩いていると行列を見つけて、思わず並ぶ。
「TACOS DE CANASTA LOS ESPECIALES」
地元民に大人気のタコス屋らしい。

勢いで並んではみたけど、どう頼むんだろう?と疑問に思っていると
前のおっちゃんが超親切に語りかけてくれる。
でも英語はからっきしで、スペイン語しか喋れない。
とにかく「ここのタコスはうまい!1個6ペソ!」と情熱的に訴えていることだけ伝わった。
6ペソ(36円)!?
破格!!そりゃみんな並ぶわ!!!!
レジで注文すると、注文した個数の札が渡されその数お皿にぺいって乗せられる。
雑さがスゴい。

店内にあるピクルス、レタス、青唐辛子(と少しのアボカド)ディップは取り放題。
すごく太っ腹!!!
異国から来たわたしたちを見て、店にいるメキシコ人のみんなが「これは取っていいのよ!」「どんだけ食べる!?ホラ、私がいれてあげる!!」とやさしくしてくれた。
お陰でモリモリだわ。
楊枝で食べるらしい。玄人技だよ。
お味はというと…。
うん…。
6ペソ味だよね!!!!せっかくやさしくしてくれたのに…みんなすまん!!!

1日目から大変にぎやかな道中である。



よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿