2017年8月5日土曜日

名字に想いを馳せてみる

突然だけどわたしの名字「米原(よねはら)」!!
生まれてこの方ずっと愛してやまないこの名字には、
問題点がふたつある。

①厄介なことに読み方がふたつある
たまに「まいばら」と読まれる。
原因は滋賀県北東部に「まいばら」というそこそこ有名な地名があるから!!
でも名字の読み方は「よねはら」がスタンダード(わたし調べ)。
我が一族以外にも何人か「米原」に出会ったことがあるけど、みんな「よねはら」。
これまでの人生「まいばら」にはまだ出くわしていない。

②電話でめっちゃ聞き取りずらい
そんなに珍しい名前でもないけど、電話だとほぼ80%聞き取ってもらえない。
わたしの滑舌でしょうか!?????全国のよねはらさん!!!!!助けて!!!!!
「やのはら」「ゆのはら」「うえはら」
どれも違うよ!!!「よねはら」だよ!!!!!
どうしたらきれいに「よねはら」って発音できるようになるのか
いつも電話の前で無力さに打ちひしがれる。

いいところは知り合いにひとりいるかいないかの程よい珍しさ。
この名前はお米がよく取れる原っぱで
誕生したんだろうなあ~~~~。
豊作の願いが込められてるんだろうなあ~~~~。とほっこりできるところ。
名字由来netで調べたら、
島根・鳥取あたりで「米原」さんが大量に生息していることが分かりました。
そこにルーツがあるのかもしれない。
「名字が一緒だったら祖先は一緒なはず。兄弟だな」って思ったんだけど
さらに言えば「生き物みんな祖先は一緒なはず。兄弟だな」だよね。


☆本日の結論☆
人類みな兄弟。仲良くやろう。




よん
twitter https://twitter.com/yonusa1

0 件のコメント:

コメントを投稿