2017年8月8日火曜日

日本には多様性が許されてる側面もある

男子高校生が夏場にズボンを片足だけ折るスタイルに猛烈に萌えるので
そういう高校生を見かけると「ありがたやありがたや」って拝みながらもすごく思う
それ概ね何の暑さも軽減できてないのでは…
暑さ対策というよりはイキリの指標みたいなところあるよね。そこが好き!!!

そもそもわたしは夏場にぴったりした長ズボンなんか履いた暁には溶けて無くなる気しかしないんだけど
長ズボンを履かざるを得ない男子たちは大変だよね。
スーツにしろ制服にしろ履かされるのは長ズボン
「男たるもの脚を見せない」という暗黙の了解が世の中にはある気がする。
男子だって涼しい格好していいのにね!!
逆に言えば真冬に履くミニスカートも意味わかんないけど!!!!!
もっと「季節に対応した服を着る」という概念が浸透していい気がします。

「健康なんかよりオシャレなんだよ!!!」って言われたら
「そっか!すまん!」って言うね。

ちなみにメキシコではほとんどいつでもこうです
オシャレな服屋も攻めたパーティー服屋もあるのにも関わらず
街を歩く85%の男女がこのファッション。どうしてなの???

それを思うと日本って同調圧力とか言いながらも
いろんなファッションの人がいて、ものすごい多様性が許されてる側面もあるので
もっともっとそういうところが伸びていったらいいよね。


よん

0 件のコメント:

コメントを投稿